ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

マリッジブルーみたいな

2016年11月25日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 「結婚してくれないか」とプロポーズし、「いいよ」と彼女が肯き、互いの両親の承諾も得、結婚式の日取りなども決まって行く。が、その途中、彼女から結婚の条件をあれこれ言い渡される。「えっ!」と思う事項もあったが、結婚式の日取りは決まっているし、披露宴の招待客に案内状も送っているし、今更キャンセルはできない。
 「煙草は吸わないで、どうしても吸いたいのなら外で吸って。」、「トイレは小の時でも座ってやって。」、「家事は分担、例えば、料理は私が月水金で、アンタは火木土とするなら、掃除はアンタが月水金で、私は火木土という風にするのよ。」などなどといった要請。異議申し立ては結婚後にしようと思い、取り敢えず肯いた、のが失敗。
 新婦の要請に従わないことがあると、「約束したでしょう!約束が守れないのなら離婚よ!」と怒鳴られる。ここで新郎は気付く、「あー、俺は奴隷になってしまった」と。

 マリッジブルーとは何なのかと調べた。広辞苑に記載はなく、『現代用語の基礎知識』にマリッジブルーではなくエンゲージブルーの項目の中に載っていた。エンゲージブルーとは「婚約した女性が、これからの結婚生活への不安や、婚約者選択についての後悔から、気分がふさぎこんでしまうこと。結婚後に起こるものをマリッジブルーという。」とのこと。エンゲージブルーという言葉を私はそれまで知らなくて、結婚前の不安をマリッジブルーというのだと誤解していた。また、結婚前にしろ結婚後にしろ、「気分がふさぎこんでしまう」状況は男女共通のものだと誤解していた。女性限定のようである。
 しかしだ、私はその「女性限定」には反論したい。男だって「この女と結婚してホントに大丈夫か?」と不安になり、「何でこんな女と結婚したんだ!」と後悔することも少なからずあるはずだ。昔の「女房は夫に従う」なんて亭主関白の時代ではないのだ。「結婚しちまえばこっちのもの」と昔の男は思ったかもしれないが、「結婚しちまえばこっちのもの」と、今は女の方が思う時代だ。マリッジブルー、今はきっと男に多いはず。
     

 11月18日、浦添市にある不動産屋へ行き、そこが代理管理する物件で、12月1日から私の住まいとなるアパートの賃貸借契約をした。契約の一通りの事務処理は何と、1時間15分もかかった。何故なら、契約内容の条項を細かく説明されたからだ。
 説明された契約条項の中で気になることがいくつかあった。例えば、私が「当然やってもいいこと」と思っていた「壁に釘を打つこと」が禁止、「掛け時計をどうやって壁に取り付けるんだよ!」と思う。「カビを生えさせてはいけない」というのもあった。「カビなんて自然現象じゃないかよ!」、「楽器演奏禁止」なんてのもあった。「俺のギターとサンシンはどうなるんだよー、悲しい時は歌いたいじゃないか!」と思う。にしても、
 「しかし、そんなことはよー、決める前に言ってくれよ」と私は思った。下見した時訊いたじゃないか、「借りる上で何か特記事項はないですか?」と、「2人以上住むのはダメです」とだけ不動産屋のお兄さんは言っただけじゃないか。そりゃぁ確かに、今時のアパートマンションは入居条件が厳しいという噂は聞いていた。しかしここまでとは。
 家に着いて、寝るまでは特に何ともなかったが、奴隷になる夢でも見たか、夜中目が覚めてしまった。入居条件のことが頭をグルグル回って、「あー、俺は住まいの奴隷になるかも」と不安になり眠れなかった。これって、ムーブブルーとでも言うのだろうか?
     

 記:2016.11.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこでも誰でも | トップ | さすらうオジサン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。