ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

猪鹿猿と鼠猫人

2014年11月14日 | 沖縄01自然風景季節

 中学生の時、私は決して不良少年ではなかったが、賭け事をして(不良か?)遊ぶことがたまにあった。ソロとかカブとかいう名前のトランプゲームがあった。何人かで遊び、それぞれにカードを2枚ずつ配り、その組み合わせで勝ち負けを決める。スペード、ハートなどの柄別にA、K、Q、J、10、9・・・と2枚揃ったらソロと言い、その順に強い。A、K、Q、Jはそれぞれ10点とし、2枚の数字を足して下1桁が9になるとカブと言い、それがその次強く、8、7、6・・・の順になる。0点はブタと言った。
 トランプの他に花札もやった。重ねて言うが、私は決して不良少年ではない。親しい友人にそういうのが好きな者が何人かいて、付き合わせられただけだ。付き合いでやって楽しく遊んだだけだ。楽しく遊ぶ、健全である。大人になってからだが、正月になると家に伯母が来て両親と一緒に、僅かな金額を賭けて花札を楽しんでいた。私はそれに参加しなかったが、家の中に明るい笑い声が満ちた。正月早々明るい家、健全である。

 花札の遊び方、中学生の時なのでもうほとんど忘れてしまったが、2通りあり、1つはトランプのカブと同じように2枚ずつ配って、2枚の数字を足して下1桁が9になるとカブと言い、それが一番強く、8、7、6・・・の順になる。もう一つの遊びは点数の多さを競った。花札には役(やく)というものがあり、それが大量点となった。私が覚えているのは五光、月見、花見、松竹梅、いのしかちょうなどといったもの。
 いのしかちょう、漢字で書くと猪鹿蝶、札にそれらの絵が描かれている。語呂が良いので、私はその役を早く覚え、それらの札を集めるのが好きであった。
  表題の猪鹿猿。何のことかと言うと、9月末、岐阜の伯母を訪ねた際、伯母の口から出た言葉で、「この辺りには猪と鹿と猿がいっぱいいて、畑の作物を荒らすのよ。」とのこと。「いのしかさる」から花札を思い出し、こんな前書きとなった。

 「沖縄にはいないの?」
 「猪はヤンバル、沖縄島の北部のことだけど、そこには多くいて、やはり畑の作物を荒らすと大宜味(おおぎみ)、ヤンバルの村の一つだけど、そこで有機農業をやっている知人から聞いている。鹿は慶良間にしかいな い、それも本土から持ち込んだもので、沖縄には元々いない。猿は動物園にしかいない。野生は元々いないようだ。」
 「ということは、あんたの畑には作物を荒らす動物はいないってことね。」
 「いや、自分は直接被害を受けたかどうか確認できていないけど、野ネズミはいる。近所の先輩農夫の話では、あれこれ悪さをすると言っていた。」
 「ネズミくらいなら大した被害はないんじゃない?」
 「それと、野良猫がいる。作物を荒らしているかどうか不明だけど、一度、畑小屋に置いてあった私の食べ物を盗まれたことがある。あっ、そうだ、大きな被害を与える動物がもう一匹いた。隣のキャベツ畑はそいつに600個ものキャベツを盗まれた。」
 「盗まれたって、あーそうか、野菜泥棒がいるってことだね。」
 岐阜で畑の敵となる(哺乳)動物は猪鹿猿のようだが、私の近所では人がいる。
     
     

 記:2014.11.11 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショウリョウバッタ | トップ | エネルギーを消費するエネルギー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。