ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

噛まない人々

2007年06月22日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私の部屋にはお茶漬けの素が時々ある。ちゃんとした朝飯昼飯を作るのが面倒な時のために置いてある。先週、久々(3ヶ月ぶりくらいか)にお茶漬けを食べた。飯碗1杯分のご飯(玄米)を丼に移し、永谷園の鮭茶漬けを振りかけ、お湯を注ぐ。
  お茶漬けは丼を手に持ち、口をつけて、箸でガシガシとかきこむ食い物なのかもしれないが、私はそうしない。丼を手に持たない、口をつけない、箸も持たない。私はスプーンで1匙ずつ口に入れる。しかも、米の一粒一粒を噛み砕くようにして食べているので時間がかかる。1杯のお茶漬けを食い終えるのに20分ほどを費やす。
 私の部屋にはスルメが概ね常備されている。夜遅くまで起きていて、小腹が空いたときなどに食っている。小さなものなら1枚、大きなものなら半分を食う。ガジガジと噛み、じっくり味わう。これにもたっぷり時間をかけている。

 私は子供の頃から「よく噛んで食べる」という習慣が身についている。それは親の影響では無い。子供の頃、「男のくせに、ちんたら食うんじゃない!昔の兵隊だったら殴られているぞ!」と父親によく怒鳴られた。父は今でもそのようだが、早食いなのである。母もどちらかというと「さっさと食べなさい」と言う方であった。祖母がのんびりした性格の人だったので、私の遅食いは彼女の影響かもしれない。
 私が兵隊だったら、そりゃあまあ早食いもするであろうが、「父上様、あいにく私は兵隊ではありません」なのだ。長じて、いろいろ知識を得るようになって、「よく噛んで食べる」ことが健康に良いということを知る。先ず、よく噛み砕いて飲み込めば胃腸への負担が少ない。そして、よく噛むということはたくさんの唾液が出るということ。唾液は虫歯予防になるらしいのである。その通り、私は虫歯が無い。金歯銀歯も無い。
 「よく噛んで食べる」ということはまた、これは私の素人考えなのだが、食物に旨味を付加するのではないかと思っている。「よく噛む」とより旨味が増すのではないかということだ。唾液がそういう働きをするのか、満腹中枢がそのような影響を与えるのか知らないが、よく噛むと美味しくなる。特に、玄米などは、流し込むように食っていたんでは何を食っているか判らない。一粒一粒よく噛むと玄米の美味さが味わえる。

 先々週の水曜日に、出勤したら「今日は現場に出てくれ」と急な社長命令があって、現場に出た。現場に出る際は、通常は弁当を持っていくのだが、急だったのでその日は弁当は無し。昼食はコンビニのおにぎりとなった。1年ぶりくらいに食う。
 コンビニのおにぎりはふかふかしていた。多くの人にとって、このふかふか感は美味しいと感じるかもしれない。よく噛んで味わうと「めぇみち」(友人のIさんがやっているおむすび屋さん)のおむすびの方がはるかに美味しいと私は思う。
 テレビのグルメ番組などで、「柔らかくて美味しい」などという出演者のコメントをよく聞く。「柔らかい=美味しい」は今の流行みたいだが、それはしかし、おそらく、「柔らかい→噛まなくて良い→楽→美味しい」という図式なのではないだろうか。
 私の職場の社長も早食いである。一緒に食事に行くと、私が半分も食べないうちに、彼は食後のコーヒーを飲んでいる。早食いの私の父と同じく、社長もまた短気者である。私は穏やかな方である。よく噛むのと噛まないとにはそういった性格への影響もあるのでは無いかと最近考える。柔らかいものばかり食べて、あまり噛むことをせずに育った人間は短気者になるのではないか。最近の凶悪事件を見ていてそう思うのである。
          

 記:2007.6.22 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版033_2 グスミチの唄 | トップ | 瓦版034 空手家ユーナ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。