ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

1億2千万体の人型ロボット

2005年10月30日 | ガジ丸通信-科学・空想

 天才科学者天馬博士の息子もまた天才科学者であった。天馬ジュニアは父親の亡くなった後、父の研究を引き継ぎ、密かに人型ロボットを作り続けた。それらのロボットは全て天馬ジュニアに従順であるようプログラムされていた。
 ロボットの数体は、博士と同じ科学者としての能力を与えられ、彼らがまた博士の代わりに別のロボットを作り上げた。そうやって作り上げられたロボットにはさまざまな種類があった。単純労働をするもの、知能労働をするもの、肉体労働をするものなど、およそ、ロボットだけで社会が形成できるほどとなっている。じっさいに、博士の研究所は地下にあり、そこはおそろしく広大であり、まさに地底国と呼べるものであった。そこには、いしいひさいちの地底人こそいなかったが、膨大な数のロボットで溢れていた。
 地底国で生産されたロボットのうち、もっとも数が多いのはアトム並みの知能を持ち、アトムの10分の1程度の身体能力を持った戦闘型ロボットであった。そして、それらのロボットもまた全て博士の僕(しもべ)となるようプログラムされていた。
 天馬ジュニアの野望は世界制服である。戦闘型ロボットが100万体になれば地上に出て、世界の国々を滅ぼしていくつもりであった。
 野望を持ってから60年が経った。天馬ジュニアも90歳となった。30歳で大学教授の職も辞したため、以来収入も無く、この60年で父の残した遺産も全て使い果たした。そして、その資金不足のせいもあって、肝心の戦闘型ロボットの数は、目標の半分にもまだ達していなかった。資金不足によって、自家発電用の燃料も調達できず、燃料はもうあと2、3日分も残っていない状況であった。燃料が切れればマスターコンピューターの電源も切れる。全てのロボットたちもその動きを止める。
 資金不足のせいでまた、博士は数日前から食物を口にしていなかった。デスクにうつぶせになったまま博士は動かなくなり、そして、マスターコンピューターの電源が切れる頃に、彼もまた命の電源を静かに切った。野望成就に人生の全てをかけ、心身ともに力を尽くしたため、彼は結婚もせず、したがって跡継ぎもいなかったため、博士の地底国を知るものは誰もいなかった。地底国は地底に埋もれたままになったのである。
 というわけで、世界は博士の野望から救われたのであった。・・・なんて、いしいひさいちの地底人と同じオチになってしまったが、けして盗作では無い。たまたまです。
 世の、私の同士である平和主義者たちには申し訳ないことであるが、私は、自衛隊が軍隊と位置づけられることに関しては、自民党の憲法改正草案に賛成である。軍を保持しないという憲法があるのにも関わらず軍があるという現状は、やはり不自然だと思う。この件に関しては、私は民主党の小沢さんと同じ考えでいる。自衛隊が軍として、災害時に国民を救い、他国へも災害復旧のために出向くのは良いことであると思っている。侵略戦争を行わない、国民に対し、その暴力と権力を行使しないということだけを守っていただければ、世界の平和と、人々の命を救うために大いに活躍していただきたい。
 危惧するのは、中曽根爺の言う愛国心やら何やらを憲法に入れるといったことである。愛国心は心の問題、心までも法律で縛られたんでは、我々は国の支配するロボットになってしまう。1億2千万体の人型ロボットを国の、時の権力者が操れることになる。これこそが、じつに恐ろしいこと。軍隊を持つことがフツーの国などと私は思わぬが、むしろ、他国へズカズカと土足で踏み込むアメリカのような国は異常な国と思っているが、まあ、自衛隊のことは譲歩しよう。その代わり、心の問題は強制しないでいただきたい。
 国を愛せよなどと強要せずとも、国民から自然に愛されるような国であって欲しいと願う。国民を国に従順なロボットにしてはいけない。国民自らが自らの意思で「あー、日本人で良かった」と思うような国造りを政府、政治家、官僚は目指していただきたい。

 記:2005.10.30 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな地図を広げて | トップ | 背水オジサン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。