ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

死後の始末

2016年09月30日 | ガジ丸通信-社会・生活

 雨が降って涼しい夜が続いて、グッスリ睡眠ができている私は毎夜毎夜濃い夢をいくつも見ている。夢の中にはよく見知っている親戚友人知人が多く登場し、かつてテレビを観ていた頃に顔を覚えている芸能人もよく登場し、まったく見知らぬ人も時々登場する。 そんな中、9月に入ってから同級生が、オールスターと言っても良いほど多く、数日間に渡って登場した。日頃会っている人達から、20年前の同窓会以来ご無沙汰の人達、そして高校卒業以来会っていない、名前も思い出せない人達まで出てきた。
 同級生たちが登場した夢の中には楽しくない夢もいくつかあり、「大丈夫か!しっかりしろ!」といった私のセリフで終わる・・・終わるというかそこでハッとして目が覚める夢が、覚えている限りでは2つあった。「大丈夫か!」と私が体を抱き、顔を覗きこんで声をかけた相手はどちらも同級生で違う人。2人ともよく知っている人。
     

 同級生の誰かに何か不吉なことが起きるのだろうか?と思ったが、そんな夢を見た私自身が、友人達から遠く離れた場所に旅立って行くのかもしれないとも思った。なわけで、それらの夢の後、自分自身の死を少し突っ込んで考えてみた。そんな折り、従妹Tが畑を訪ねて来てくれて、しばらくおしゃべりした中で、死後の始末についての話となり、
 「死んだら俺の灰は海に撒いて欲しいなぁ」と私が言うと、「それって散骨って言うんでしょ、私もそうしたいけど、今は勝手に遺骨を処分するのは法律で禁止されているみたいよ」と教えてくれた。で、「禁止されているのなら諦めるか」となった。
 それから3週間ほども経った今週日曜日(25日)、同級生4人で宜野湾トロピカルビーチへ出掛け、黄昏時から夜の時間帯を浜辺で酒を飲みながら過ごした(この件の詳細は今週別項としている『トロパ』に記している)。その時間のある時、終活の話を私から切り出し「骨は海に撒いて欲しいと思ったが、それは法律違反らしい」と言ったら、
 「バッカだなぁ、そんなの黙ってやればいいんだよ、そんなのいちいち役所は調べないよ、役所はそれほど暇じゃないよ。密かにやればバレないよ。大丈夫だよ」とU。
 「そうかバレなければいいのか」と私は一瞬期待した。「しかし・・・」と私はその期待をすぐに捨てた。Uは気の良い奴であるが、いい加減さも持ち合わせる男なので、私は彼の「大丈夫だよ」を鵜呑みにして糠喜びなどしないのだ。で、調べた。
 
 骨をすべて廃棄するのは遺骨遺棄罪となるが、バレなければ良いということで、私が密かに父の遺骨を海に捨てるという設定でシュミレーションしてみた。現実的には兄弟親戚が周りにいるので「周りの誰にも密かに」は無理だが、兄弟親戚を「父の遺言だから」と説得して承諾を得る。葬儀会社が関わると「密かに」できないので葬儀などしない。
 遺体を火葬するには、役所に死亡届を出し火葬許可証を受け取ってそれを火葬場に提出して火葬となる。火葬して残った遺骨を骨壷に詰め持ち帰る。その際、火葬許可証に火葬した日時など追記された埋葬許可証なるものを火葬場から受け取る。つまり、父の遺体が焼かれて骨になったという事実はその日付とともに公の記録として残される。
 火葬許可証には埋葬又は火葬場所を明記しなければならず、申請者の住所氏名も明記しなければならない。その記録が公に残るのだ。それに、兄弟親戚にも「あいつは親の遺骨を海に投げ捨てた」とバレているし、「密かに散骨」は困難であることが解った。
     

 記:2016.9.30 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.9.30 迷う引っ越し | トップ | しつこい幽霊 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。