ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

老後を楽しむ足腰

2014年10月03日 | ガジ丸通信-社会・生活

 「甲斐性無しの息子は家土地を失いましたお詫び行脚の旅」の初日は9月26日、先ずは東京。その日は府中に住む従兄と飲む約束をしていて、宿は京王線府中駅の近くにし、夕方までは若い頃(35年ほど前)住んでいた吉祥寺駅近辺を散策した。ノスタルジーを味わいに若い頃よく飲みに行っていた焼き鳥屋、居酒屋、ライブハウスなどを探した。しかし、どれ一つ見つからなかった。廃業したのか、私が探せなかったのかは不明。
  その後、井の頭公園を散策した。ここもよく遊んだ場所だ。高校の頃から仲が良く、私が東京に出てからは文通(死語かな?)していたM女が東京へ来た際、デートしたこともある場所、懐かしの井之頭公園、ところが、どの景色にも覚えがない。ボートを漕いだ記憶は残っているが、「こんなボートだったっけ?」とその姿には覚えがない。青春の想い出なのに頭の中の映像と一致する景色が無い。ちょっと寂しい気分になった。
          

 井之頭公園や吉祥寺駅前を数時間歩き回り、4時頃には府中に着いてホテルにチェックインし、荷物を軽くしてホテル周辺を散策。6時に従兄Hと落ち合って飲み屋へ。
 翌日は朝9時過ぎ、沖縄在の従妹N(父方、Hも父方)と離れて暮らし(仲が悪いのではない)ている彼女の亭主Aと会って、しばらくおしゃべり。その日は午後3時に母方の叔父Tと会うことになっていた。待ち合わせ場所は西八王子。それまでたっぷり時間があるのでどうするか?と考えていたが、Aの勧めで高尾山へ行くことにした。
 高尾山、途中まではケーブルカーで行ったが、それでも山頂までの往復でたっぷり歩いた。沖縄ほどではないが東京も暑くて、たっぷり汗もかいた。途中途中、立ち止まって写真を撮ったりしたが、山頂でも腰掛けることなく歩き続け、たっぷり疲れた。

 28日、府中から静岡へ向かう。静岡市で駿府城とその周辺を散策し、掛川市で掛川城とその周辺を散策し、たっぷり歩いて、たっぷり汗をかいて、夕方6時には美女K女史がホテルに迎えに来てくれて飲みに行く。K女史とは久々、10年ぶりくらいに会う。相変わらずイイ女で楽しかった。が、ホテルに戻ると、体はたっぷり疲れていた。
 29日、ホテルをチェックアウトし、荷物を背負って浜松へ、荷物を背負ったまま浜松城とその周辺を散策する。昼前には浜松を出て岐阜県関ケ原にある父方の伯母Tの家へ向かう。電車に慣れないウチナーンチュは乗り換えにあれこれ手間取って、関ヶ原に着いたのは午後3時過ぎとなった。伯母の家でたっぷりおしゃべりし、カレーライスを御馳走になり、1時間ほど周辺を散策する。関ヶ原合戦で家康が本陣を構えた場所などがあり、写真を撮りつつ歩き回った。伯母の家に戻ってお別れの挨拶をし、弁当(伯母の世話をしている従姉Eは料理上手)を頂いてホテルを予約している岐阜へ。
  夕方6時にはホテルへ着く。たっぷり歩いたせいで足裏と膝と腰が痛い。近くのスーパーでビールと酒を買い、従姉Eの弁当を肴に部屋飲みをして早めに寝た。
 30日、金崋山へ登り、岐阜城見学、ここでもたっぷり歩く。その後、犬山へ行き、犬山城見学、ここでもたっぷり歩く。夕方には名古屋のホテルにチェックインしたが、体はクタクタになっていた。旅の初めからの「たっぷり歩き」のせいだ。10年程前までの旅ならさほど疲れなかったと覚えている。老化だと思った。歩きたいのに歩けないというのは楽しくない。老後を楽しむためにはタフな足腰が必要だ、鍛えなきゃと思った。
          

 記:2014.10.3 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坪庭作り | トップ | ツマグロキンバエ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。