ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オキナワナナフシ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-カマキリ・その他

 風も無いのに揺れる

 ガジ丸HPを始めてからの私は散歩をしたり、職場の庭を歩き回ったりするのに、周りに珍しい花が咲いていないか、見たこと無い昆虫などがいないかどうか注意しながら歩いている。それは、「細心の注意を払って観察する」という表現からは遠いが、それまでのボーっとした散歩から比べれば、ボーっと状態と細心の注意との中間くらい。
  中間の状態だからといって「中心の注意を払う」という表現にはならない。中心は中途半端な心という意味にはならない。「世界の中心」(関係ないけど、世界の中心っていったいどこ?どこで愛を叫んだのだ?)といった意味の中心。ちなみに太心という言葉も無い。字を逆にした心太はある。トコロテンと読む。食べ物のトコロテン。細心の反対語は太心では無く、大胆となる。関係ない話ばかりが続いた。国語の時間でした。

 「テキトーに細心の注意を払って観察」していると、今までまったく気付かなかったものに気付くこと がよくある。何しろ、HPを始めた頃は、私の周りにいる動物は100種程度だろうとしか思わなかったのである。とんでもないのである。地上は生命に満ち溢れているのである。100種なんて、まったく甘い見積もりだったのである。
 ある日、休み時間に職場の庭をブラブラしていたら、リュウキュウハギの枝の茂った根元辺りで、風も無いのに揺れている細い枝を見つけた。不思議に思い近付いてみると、この枝、不自然に揺れている。よく見ると枝としてもいくらか不自然な形をしている。もっとよく見ると、それは虫だった。木の枝に擬態しているということで有名な虫であった。その名前はよく知っていて、おそらく、これまでの人生で何度も見てはいるのかもしれないが、まったく気付くことの無かった虫。なわけで、私にとっては初めましての虫。

 
 オキナワナナフシ(沖縄竹節虫):ナナフシ目の昆虫
 トガリナナフシ科 屋久島、南西諸島に分布 方言名:不詳
 姿が草木の枝に似ている。コノハチョウが木の葉に擬態するように、本種は草木の枝に擬態しているのだろう。動いてくれなければ、素人の私には見つけることができない。
 七つの節があるから七節かと思っていたら、竹節と書いてナナフシと読むようだ。別称としてタケノフシムシともある。オキナワナナフシは体も手足も細長く、沖縄に生息するナナフシの仲間では大型の種。沖縄ではもっとも普通に見られるナナフシ。
 体長は雄100ミリ内外で、雌130ミリ内外。雌の体色は個体変異があり、灰褐色、緑色などある。成虫の出現は周年。バンジロウやハイビスカスなどを食べる。
 
 横から
 
 雌

 記:ガジ丸 2005.11.15 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オキナワオオカマキリ | トップ | ハラビロカマキリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。