ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ハードルの高い人並み生活

2014年05月23日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私の畑ナッピバルの南隣はTさんのキャベツ畑となっている。5月に入ってTさんはキャベツを収穫し始め、出荷していた。そして、今週月曜日、残り(全体の約半分)を全て刈り取っていた。「こんだけ一遍に収穫したら車3~4台分になるな、今日一日で行ったり来たりするつもりかな」と思っていたら、Tさんに声を掛けられ、キャベツを5玉頂いた。「今日で全部採るつもりですか?」と訊いたら、
  「今日で終わりだ、長雨で多くが腐ってしまった」と言う。見ると、刈り取ったキャベツの多くは畑に残されており、車に載せられたのはその内の三分の一程度だった。残されたキャベツは全て包丁で縦横に切られてもいた。「厳しいなぁ」と思った。

 Tさんからはその2週間前にもキャベツ2玉を頂いていた。Tさんのキャベツは大きいのでその時のキャベツもまだ1玉と少し残っていた。そこへさらに5玉、独り者ではとうてい消費できない。よって、その翌日、近所の先輩農夫のNさんが来たので彼へ1玉、従姉 の亭主Tに会ったので彼に1玉をそれぞれおすそ分けした。あと2玉を別の従姉Hと友人Oに持って行こうかと思ったが、ちょっと閃きがあって、それは考え直した。
 「キャベツを保存食としよう」と閃いた。沖縄の夏場はあんまり暑くて葉野菜が育たず不足する。キャベツを茹でて冷凍しておく、あるいは酢漬けにしておいて、それを夏場に食うことにしようと思った。それで、夏場の野菜不足が補える。
          
          

 今、野菜はほとんど自家生産で間に合っているので、私の食費(食べ物)は肉や豆腐などだいたい2日で500円くらい、月にすると7500円程度で済んでいる。夏場を冷凍キャベツで乗り切れば、年間を通じてこの金額でやっていける。
 飲み物はどうだろう?と考えた。会社を辞めて貧乏になってからビールが発泡酒に、ワインも安物となった。ひと月で、発泡酒は25缶2500円ほど、ワインは1800ミリリットル入りボックス880円のもの、日本酒は四合瓶約1500円程度と高いが、たまにしか飲まないので、これもひと月分である。飲む機会の多い泡盛は値段が安いので、ひと月に換算するとだいたい1000円くらい。よって、私がひと月に消費する家飲みアルコール代は約6000円となる。飲食費は計12500円、まあまあ質素。

  思えば、会社勤めをしていた頃、私は贅沢であった。むろん金持ちでは無かった。会社は零細企業なので給料も安い、私の年収は多い時でも300万円ほどしかなかった。「しかなかった」というのは、世間一般から見た限りのことで、今の私から見れば「おー、俺はそんなに貰っていたのか、金持ちだったんだ」と思えるような金額だ。
 その頃の贅沢、「発泡酒なんて飲めるかい!」だったし、ワインは四合瓶で1000円程度のものだったし、大好きな日本酒も、吟醸酒とか大吟醸などといった値段の高いものをよく飲んでいた。美味しいと評判の山城牛のステーキもたまに食っていたし、鯛やヒラメ、マグロの刺身もしばしば食っていたし、いやー、贅沢だった。
 そんな贅沢、農夫でいる限り、もう復活することはないだろう。そんな贅沢、それが人並み生活であるというのなら、農夫にとって人並み生活はハードルが高い。そして、干ばつで泣き、長雨で泣き、病虫害にも泣く。農夫の歩く道にはそんなハードルもある。
          

 記:2014.5.23 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蟲の季節 | トップ | ハイイロテントウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。