ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

夢と希望の館

2005年09月23日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 先週、テレビで、ロバート・ワイズ監督が死んだというニュースを聞いた。ロバート・ワイズ監督という名前には馴染みが無い。が、微かに記憶の底に覚えがあって、「誰だったっけ?何者だったっけ?」と思う次の瞬間には、画面に「ウエストサイド物語」と「サウンド・オブ・ミュージック」が現れ、それらの音楽が流れた。
 「ウエストサイド物語」も「サウンド・オブ・ミュージック」も確か、中学の頃にそのリバイバル上映を私は観ている。オジサンという歳になってからは年に5、6本程度しか観ない映画だが、中学の頃は、母が映画館関係の仕事をしていて、定期的に招待券が貰えたこともあって、よく観た。3年間で200本は観ていると思う。その中でも「ウエストサイド物語」と「サウンド・オブ・ミュージック」の2作品はとても印象深い。
 それまで、西部劇が好きで、クリント・イーストウッドやジュリアーノ・ジェンマなどが主人公となって、悪者をバッタバッタと倒すといった映画を多く観ていた。それらはテレビのヒーローものの延長線上にあり、強くなりたい、カッコよくなりたいと願う少年の当然の好みであったと思う。ただ、映画の魅力はもちろん、単純な勧善懲悪で、最後は正義が勝って、観ている者が爽快な気分を味わえるというものだけではない。
 映画は総合芸術なんていうことを聞いたことがあるが、確かにその通り。ありとあらゆる感性を総動員して、観ている者へ別世界を味わってもらう。別世界を、まるで観客が実体験しているかのようなリアリティーでもって伝える。映画の良さはそこにあると思う。そして、私がそう思うようになったのは、おそらく「ウエストサイド物語」と「サウンド・オブ・ミュージック」の2作品の影響が大きい。物語の奥深さに惹きこまれ、画面の迫力(70ミリだったと記憶している)と美しさに驚かされ、そして音楽に感動した。
 「ウエストサイド物語」も「サウンド・オブ・ミュージック」も私は、そのサントラ版を買った。映画は強烈な印象を少年に与えたので、音を聴くと映像が蘇る。目を閉じると映画の場面へ自分が入っていける。それは快感。レコードは何度も何度も聴いた。
 感受性の鈍くなったオジサンは、もうずいぶん長いこと「ウエストサイド物語」も「サウンド・オブ・ミュージック」も聴いていない。レコードプレーヤーはあるが、アンプに繋いでいないのでレコードを聴くことができない。でも、もうそれは聴かなくてもいいのである。オジサンはこのごろ、映画を軽く楽しむことができるようになったのだ。
 家のテレビでDVDを観るのでは味わえない世界が、映画館の暗闇の中では簡単に、深く味わうことができる。気分をリラックスさせて、心を催眠術にかかりやすい状態にし、余計なことは考えない。先入観も要らない。そうすれば概ね、映画は楽しめる。
 幸せな場面では、自分もそうなれるという夢と希望を感じる。逆に、たとえ、そこに悲惨な場面があったとしても、映画を味わうことができたなら、悲惨の意味も理解できる。理解できたなら、人々は次に何をするかを考えるだろう。そのように考えることがまた夢と希望に繋がる。つまり、どっちにしろ、映画館は夢と希望の館なのである。
 大作よりも最近は小作品が私の好みとなっている。明日、ウッディー・アレン監督の作品を桜坂劇場でやる。アンチハリウッドはさらに私好み。観にいく予定。

 記:2005.9.23 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたを諦めない | トップ | フツーは難しい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。