ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

帰らない青春

2010年02月05日 | ガジ丸通信-社会・生活

 一人で飯を作り、一人で食い、一人で洗い物をし、一人で飲み、一人で寝る。職場でも一人のことが多く、畑仕事も一人で黙々とやっている。毎日が一人で過ぎていく。
 他人との会話は一週間のうち、金曜日の職場で少々と、土曜日の友人Hの店で少々あるだけ、その他足しても週に3、4時間程度だ。そして、それに不満は無い。寂しい生活とも思っていない。むしろ、この自由は手放したくないという思いが強い。
 「自由を手放したくない」は、私の結婚しない理由の一つになっているが、他に、貧乏であるという経済的理由と、雄としての生殖能力が弱いという理由もある。

 過日、金曜日の職場に出勤し、いつものようにHPのアップ作業を始めようとしたら、先に来ていた事務員のM女史が、「ねぇ、ちょっと聞いてよ。」と言う。その日の朝、姉とちょっとした諍いがあったらしく、その愚痴。「誰かにしゃべらないと気が収まらないのよ。仕事も手に付かないのよ。」とのことで、十数分間、愚痴を聞かされる。
 「私も姉も更年期でね、ちょっとしたことですぐイライラするさあ、よく考えればどうでもいいことなんだけどね。」とのこと。そのどうでもいいことを私は十数分間聞かされたわけだ。時々相槌を打ちながら、「こんなこと世の亭主たちは日常茶飯にあることなんだろうな、誰かが傍にいてくれることの代償なんだろうな」と思いながら。

 先週金曜日、いつものようにHPアップ作業をしていると、「豆、食べる?」とM女史が訊く。そういえばさっきからボリボリという音が聞こえていた。その1時間ほど前にはシュークリームを食べていた。シュークリームは仕事の手を休めての休憩時間だったが、豆は仕事をしながら食っている。「要らない」と答えると、「何で?」と訊く。
 「さっきシュークリームを食べたばっかりだし、もの食いながら仕事はし辛い。」彼女もパソコン作業だ、両手を使っているはず。「そっちだって同じだろう?」
 「決算の書類作りが難しくてさあ、イライラするのよ。何か食べていないとやってられないのよ。」とのたまう。更年期はしょっちゅうイライラするみたいである。

 友人の整体師Sによると、更年期障害はホルモンのバランスが崩れることによって起こり、さまざまな症状が現れるとのこと。イライラもその一つだ。バランスの崩れは、女性の場合は閉経の頃となる。その年齢は人によって異なるようで、友人のKY子は40歳頃にあり、別の友人KI子は「私今でも子供産めるわよ」と、このあいだ話していた。
  更年期障害は男にもある。私は既に経験済み。KY子から少し遅れた40歳過ぎにあった。以来、雄としての能力が弱くなった。先日、整体師Sに診てもらった時もそれは指摘された。脳下垂体のその能力を司る部分が弱くなっているとのこと。
 その時の治療は痛めた腿の筋肉に対してだったが、その数日後から、私の体の別の部分に変化があった。そういえば、治療の効果は全身にも及ぶとSは言っていた。「週に一回あるか無いかだった朝立ちが、週に数回となったが、これも効果か?」と訊くと、「それは俺も知らなかったが、そういうこともあるかもしれない」とのこと。「オジサンの青春は復活するのか?」とさらに訊くと、「そんなことは無い、歳相応になるだけだ」とのこと。歳相応なら安心だ。今さら復活しても、相手を探すのが困難なのだ。
          

 記:2010.2.5 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発明039 自信発生機 | トップ | 海老を得て鯛を失う »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。