ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

インドゴムカズラ

2017年06月20日 | 沖縄の草木:蔓蔦

 私が子供の頃に流行った言葉で、「戦後、女と靴下は強くなった。」というのがあった。戦前、どの程度靴下が弱かったか、女が弱かったかを私は知らないが、現在、私の多くの靴下は2年はもってくれる。女は、男と比べて強いのか弱いのかを言えば、少なくとも私が付き合ってきた数少ない女性たちは、まったく対等な立場であった。
 女と靴下は、私にとってはずっと同じ程度の強さで、特に変化があったということを感じていない。一昔前に比べるとずいぶん強くなったなあ、と感じているものが、じつは別にある。パンツのゴム。3年も使っているとヨレヨレになっていたパンツのゴムが、最近のものは強くなって、3年経っても、4年経ってもほとんど変わらずにいる。
 今、この文章を書いている私の姿は、上半身裸、下はパンツ1枚。このパンツは4年位前に買ったもの。ゴムはほとんど緩んでいない。が、お尻の辺りに穴が開いている。さっき気付いた。3センチほどの長さ。いずれ穴は広がるだろうが、今はまだ使用可能範囲にある。何しろゴムの方は買った時とほとんど変わらないのだから、十分使える。パンツは綿100%の生地で、綿の耐用年数をゴムが上回ったということになるわけだ。

 戦時中、物資不足のときに、インドゴムカズラの樹液でゴムを作っていた時期があったらしい。ゴムの木から作るゴムの代用品なわけだから、おそらく品質は悪かっただろう。帝国軍人たちのパンツのゴムはすぐに緩くなって、腹に力が入らなかったのだろう。で、負けてしまったのだろう、などと一瞬妄想したが、もちろん、そんなこたぁ無い。日本男児たるもの当時はふんどしだったのである。パンツなんて、そんな軟な物、なのだ。
 
 インドゴムカズラ(印度護謨葛):添景・パーゴラ
 ガガイモ科の常緑蔓植物 原産分布はインド、熱帯アフリカなど 方言名:無し
 ゴムカズラという名は、樹液がゴムの原料となるところからきているようだ。英語名でIndia rubber vineといい、vineはぶどうのことだが、ツル植物も指す。インドのゴムのカズラということで和名と同じ。ラッパ状の花からオオバナアサガオという別名もある。
 潮風に強いので海岸近くの植栽に向き、幹枝がしっかりしているので、半ツル状の添景樹としても使える。青紫色のラッパ状の花を上向きに咲かす。開花期は5月から11月。
 
 実

 記:島乃ガジ丸 2005.7.18 →沖縄の草木目次
 
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリアケカズラ類 | トップ | ウコンラッパバナ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。