ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

メキシコマンネングサ

2017年08月13日 | 沖縄の草木:草本

 散歩が趣味の私が、7月に300坪の畑を借り畑仕事に携わってからはほとんどやっていない。もっとも、歩数計付き携帯電話をポケットに突っ込んで1日畑仕事をすると、歩数計は軽く1万歩を超えるので、健康のための散歩は必要ない。
 去年の9月に首里石嶺から今の宜野湾市我如古のアパートに越してきた。石嶺のアパートからは四方八方にほとんどの毎週末、散歩をしていたが、我如古に越してからは南方面に2度、西方面に2度、北方面へ1度しかやっていない。そうこうしている内に300坪の畑となってしまい、忙しくて散歩どころではなくなってしまった。
 じつは、私の散歩は健康のためが第一目的では無い。見知らぬ植物や動物に出会い、その写真を撮ることを大きな目的としている。

 4月にアパートの南方面を散歩している時に見知らぬ植物に出会った。それは特徴のある姿と花の形をしていた。既にコモチマンネングサを知っていたので、それに似ていることから「マンネングサの仲間だな」と容易に想像できた。写真を撮り、家に帰って図鑑を調べる。想像通りであった。偶然にもその数日後に粟国島で同じ仲間に出会った。4週間前に紹介したハママンネングサ。両者は葉の形が違うので判別できる。
 
 メキシコマンネングサ(墨西哥万年草):花壇・鉢物
 ベンケイソウ科の多年草 メキシコ原産 方言名:なし
 名前の由来は資料が無く不明。マンネングサは広辞苑に万年草と字が充てられており、生命力が強いところからきていると思われる。メキシコは『日本帰化植物写真図鑑』にメキシコ原産とあり、メキシコのマンネングサという意だと思われる。
 帰化植物で、日本では本州以西に分布する。茎は多く分枝し、その下部は地上を這い広がり、上部は立ち上がり高さ30センチ程になる。
 葉は多肉質で形は棒状。花茎を伸ばし、先が枝分かれして数個の花を傘状につける。花は黄色で、開花期は春から初夏。栽培物が移出したと思われ、道端に咲いていた。
 
 花

 記:島乃ガジ丸 2012.11.21 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムラサキルーシャン | トップ | モミジアオイ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。