ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

かんぱい宣言

2008年09月19日 | ガジ丸通信-社会・生活

 父が半年に渡るアメリカ旅行から帰って来た。金曜日の夜遅く、空港に迎えて、家まで送り届けると、「話がある。明日も来てくれ。」と言う。で翌日の午後に訪ねる。財産や跡継ぎといった難しい話なら第三者もいた方が良いと思い、従姉に同席してもらう。

 「話がある」の話は後述するが、その日、話もだいぶ進んで、一段落した頃、
 「コーヒーを入れてくれ」と父が言うので、入れてあげたのだが、
 「砂糖が入ってないじゃないか」と文句を言い、従妹が砂糖を入れてあげると、
 「甘過ぎる」と、また文句を言う。
 「自分が飲むコーヒーは自分の好きなように自分で入れろよ。」と私は思う。
 他にも、自身の近くにあって、どこにあるのか知っているものを、自分より離れた位置にいる私に持ってきてくれと言う。どこにあるか分らない私は探す。「目の前さあ、分らんのか!」と文句を言う。まったく、腹の立つ親父なのである。
 母は他人に頼ることを好まない性格であった。その性格を私は好んだが、甘えたがりの父の性格は好きでない。父の甘え癖は、母も嫌がっていた。

 先週、行きつけの喫茶店でオバサンたちにその話をすると、大いに賛同を得た。
 「私の父もそうだし、亭主もそうなのよ。男とはそういうもの、女とはそういうものなんて思っているのかもしれないさあ。」とのこと。翌日、友人のE子に同じ話をすると、「亭主関白が当たり前と思っている世代なんじゃないの、私達の世代でも半分はそういう男だと思うよ。」とのこと。亭主関白とは女房を顎で使うということみたいである。
  30年ほども前になるか、さだまさしの『関白宣言』という唄が流行った。浮気もちょっと覚悟はしておけという辺りまでは許せるが、その後の優しさ宣言みたいな歌詞が私は苦手で、その他の作品も概ねそうであるため、私はさだまさしの唄が苦手である。
 などと、今回はかんぱく宣言の話では無い。「かんぱく」では無く「かんぱい」。かんぱいと言っても、飲み会でやるあまり意味の無い乾杯についての話でも無い。

 その日の父の話は、「今の家から離れる気は無い。」ということであった。アメリカへ行く前、私が夜中までかけて作った『年寄も元気で暮らせる新築計画』という設計図を見せたら、大いに喜んで、「話を進めてくれ」とまで言った父が、「この家は母さんと私の血と汗の結晶だ。」なんて、父に似合わないセリフまで飛び出た。
  私の計画は、父の楽しみである畑仕事ができ、バリアフリーであり、私や従姉が近くにいて、この先、10年か20年、父が楽しく生きていけるように考えた計画。ついでに、家が老朽化して困っている従姉(この日一緒の従姉とは別)も幸せになる計画だ。将来、田舎で農夫を予定している私としては、老後、そこに住むわけでは無いので、特に恩恵を受けることの無い計画だ。父が望まないのであれば、それでも構わないのである。
 それにしても、「話を進めてくれ」から「血と汗の結晶だ」への変化には驚く。姉に説得されたのであろうが、その洗脳振りは見事というしかない。敵ながらあっぱれである。良い計画だという未練は少し残るが、この件については私の完敗である。
 というわけで、今回は完敗宣言。
          
          

 記:2008.9.19 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版070 ジレンマン | トップ | 発明029 先生、出便です »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。