ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ソラマメ

2017年06月30日 | 沖縄の草木:野菜

 私の借りているアパートは畑付きである。畑といってもその面積はごく小さい。1所帯あたり1区画が割り当てられているが、その1区画は3畳ほどしかない。であるが、アパートには「畑なんて」と思っている住人もいるので、私は3区画を管理している。
 3区画9畳もあれば、自家消費分の量であれば、そこにはいろんな野菜を植えることができる。毎年、それぞれの時期になると、ゴーヤー、ヘチマ、キューリ、オクラ、ピーマン、シソ、ナス、セロリ、パセリ、キャベツ、レタス、カリフラワーなどなどを植えている。約10年もの間、それは続けられている。
 去年の十月、今までに植えたことの無い野菜を植えた。酒の肴、特にビールの肴としては最高の野菜、ソラマメである。私はこれを、オーブントースターで焼いて食うのが好きで、毎年その旬になるとスーパーで買っていた。今年は、これが自家製となる。へっ、へっ、へっ、と思わず笑みがこぼれてしまう。

 ソラマメは、従姉が何年か前に彼女の畑に植えていた。アブラムシが大量に付いて、収穫量が少なく、その少ないものもいくらか虫にやられていて、見た目が悪かった。ということを知っていたので、これまで植えることが無かったのだが、「沖縄の気候にあった」と書かれてある種を見つけたので今回、初挑戦となった。
 花が咲いて、実が付いた頃、アブラムシでは無く、ガの幼虫が付いた。自家製殺虫剤コーレーグスで追い払う。これを3、4回繰り返した。そして3月、めでたく、成りは小さいが、見た目は上々の莢が数十個できた。
 ソラマメの茎は細い。莢が大きく重くなると倒れるのではないかと思っていたら、その通りになってしまった。風の強い日に倒れた茎が数本、倒れたまま枯れていた。それでもまだ、多くは生き残っている。これを書いているのは4月3日だが、今週の土曜日にはいくつか収穫できそうである。緑色が深くなったら食べ頃とのこと。
 
 ソラマメ(蚕豆・空豆):果菜
 マメ科の二年生作物 世界各地で栽培 方言名:なし
 空豆は、中が空洞という意味の空(から)ということでは無い。名前の由来が広辞苑にあった。「莢が空に向いてつくから」とある。その通り、莢が空に向いている。
 耐暑性が弱く、20度以上では生育が悪くなるとのこと。年によっては冬場でも20度を超える日々が続く沖縄では栽培が難しいらしい。種実用、緑肥用に利用される品種に在来品はあるらしいが、青果用の品種の栽培は定着していないとのこと。
 品種によって異なると思うが、私の畑のソラマメは高さ50センチほど。茎は細くヒョロヒョロと伸びている。防風垣、支柱が必要とのことである。
 莢が空を向いているからソラマメであるが、青果用は、その莢が水平よりやや垂れ下がった頃が収穫期となる。その頃、莢の色は淡緑色から濃緑色になっている。
 青果用は未熟の種子が食用となる。沖縄では1月~2月に開花する。いかにもマメ科のきれいな花がつく。3月から4月が収穫期となる。
 
 花
 
 実
 
 ソラマメにつく虫

 記:島乃ガジ丸 2007.4.3 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソバ | トップ | ダイコン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。