ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

雨ニモ負ケテ

2015年11月20日 | ガジ丸の日常

 雨ニモ負ケテ 風(主に台風)ニモ負ケテ
 虫(沖縄に雪は降らない)ニモ 夏ノ暑サニモ負ケテイル素人農夫ハ
 欲ハ無ク 滅多ニ怒ラズ イツモコツコツ働イテイル

 雨、雨が長く続くと作物の生育が悪くなり、最悪、根腐れしてしまう。
 風、台風は言うまでもなく、作物を根こそぎ吹き飛ばし、実の着いたバナナやグヮバをなぎ倒し、パパイアの実を吹き飛ばしてしまう。農夫は毎年泣いている。
 虫、薬剤散布すれば何とかなると思うが、その方法は使いたくない。薬剤を使わず防除する方法を模索中だが、今のところ防虫ネットを張るという方法のみが有効。
 夏の暑さ、夏の暑さに参っているのは作物では無く農夫自身。

 自給自足芋生活を目指している私だが、お金もやはり稼がねばならない。アパートの家賃、光熱費通信費交通費等を含め月7万円が目標。畑小屋に住むことができれば家賃が要らないので月3万円でもやっていける。切り詰めて月2万円の生活をして、貯金もいくらかはしておかねばならない。先日冷蔵庫が突然死して判ったが、洗濯機もいつか壊れる、パソコンも危ない、車も修理が必要な時がくるだろう、私自身の体が、どこか修理の必要な時がくるかもしれない。そんな時の為にも貯金は必要となる。
 毎度お馴染みの台風被害で今年の夏も収入がなかった。それでも野菜の多くは畑から得ている。台風被害でゴーヤーもヘチマも吹き飛ばされたが、夏の間はニラ、ニガナ、ヨモギなどが収穫できた。主食としている芋(甘藷)も少しは収穫できている。
 主食の芋が少しというのにはわけがある。9月の収穫は1回、10月の収穫も1回、今月11月はまだ収穫していない。秋は農繁期でやることがたんとある。それに加え、腰痛となり労働時間がだいぶ減った。よって、芋堀まで手が回らなかったわけ。
     
     
 先週末、予定していたほとんどの種蒔きを終え、今週は芋堀ができると思ったのだが、ところがどっこい、自然はそう甘くなかった。3週間ほど前に種を播いたウズラマメとホウレンソウの芽が出ない。雨が少なかったせいか、芽が出たとたんカタツムリに食われたのか原因は不明だが、いずれにせよ、天は素人農夫にまたも試練を与えている。
 今週は芋堀を延期して、ウズラマメとホウレンソウの2畝を除草し、耕して、ホウレンソウは播き直し、ウズラマメはもはや諦めて、その畝に余っていたシマダイコンの種を播く準備をした。1畝の準備はできたので今日、これから畑へ出勤し、ホウレンソウの種を播く予定。ホウレンソウの芽が出ない原因は不明なので、今度も成功するかどうか全く自信はない。負ケテバカリイル素人農夫は、まだなお、試行錯誤が続く。

 「かーねなどー無いけどー どうにかーなるさー」という歌が昔流行ったが、何とかなると思っていないと日々のコツコツが続かない。でも、少々賢い私は、努力もせずに何とかなると思っているほどノーテンキではない。この場合の努力とは、失敗の原因を探り、つき止め、対策を考え、実行し、少しずつでいいから成功に近付くこと。その努力が今はまだ足りない。負ケテバカリイル素人農夫は、「のんびり」が大好きなせい。
     

 記:2015.11.19 島乃ガジ丸 →ガジ丸の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.11.13 日々の鍛錬 | トップ | 2015.11.20 冗談みたいな暑さ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。