ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

クロホウジャク

2011年11月03日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 シャク違い

 多くの人、特に女性には、蛾は嫌われるが、私はさほど嫌では無い。ゴキブリと比べれば大便と小便ほどの違いがあると思っている。致し方なければ、小便に触れないことも無いが、致し方なくても、大便に触る気はさらさら起きないのである。蛾の幼虫(特に毛虫の類)に毒を持つものは多いが、成虫を触ってかぶれたという話はあまり聞かない。
 そんな私も子供の頃は蛾が嫌いだった。たぶんその頃、周りの女性たち、母とか姉とか従姉とかが蛾に対してキャーキャー騒いで嫌がるのを見て、それで何となく蛾は気持ち悪いものだと思い込んでしまったようなのだ。今は、その呪縛から逃れたというわけ。

 職場の、私の机の前、椅子に座って首を45度上方に向けた、その目の前の壁に、一匹の大きな蛾が止まっていた。その色形は地味で、気味が悪いなどとはちっとも思わないようなもの。さっそく、近付いて接写する。調べる。クロホウジャクという名。
 「おう、これもシャクであるか、ならば、ユウマダラエダシャクと一緒に一つのページで紹介しよう。」と初め思ったのであったが、クロホウジャクのシャクとユウマダラエダシャクのシャクは違うシャクであった。尺では無く雀。尺と雀ではその意味するところは大きく違う。ホウジャクのジャクはシャクの濁音化では無かったのであった。

 クロホウジャク(黒蜂雀):鱗翅目の昆虫
 スズメガ科 北海道~屋久島、沖縄、台湾、中国、韓国、他に分布 方言名:ハベル
 スズメガ科なのでジャク(雀)、ホバリング(空中停止)もできる蜂のような飛び方をするのでホウ(蜂)、全体が黒っぽいのでクロとなってクロホウジャクという名前になったと思われる。飛び方がハチドリに似ていて、ハチドリの別称がハチスズメというところからクロハチスズメとなり、蜂雀を音読みしてクロホウジャクなのかもしれない。
 前翅長28ミリ内外と大型のホウジャク。花の蜜を吸うため日中に行動するが、灯火にも時々近付くとのこと。成虫の出現は3~12月。幼虫の食草は、本土ではヒメユズリハと判っているようだが、沖縄にもヒメユズリハはあるのだが、不明とあった。
 
 成虫      
 
 記:ガジ丸 2006.5.28  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユウマダラエダシャク | トップ | ブドウスカシクロバ »