ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

平和の権化

2013年11月15日 | ガジ丸通信-社会・生活

 朝起きるとすぐにラジオをオンにする。私は沖縄民謡が好きなので、それをやっている放送局を以前は聴いていたが、今年の3月頃からNHKにしている。NHKはニュースが多い、天気予報も多い、農夫はその日の天気が大いに気になる。
 畑仕事で、除草したり耕したりしている時はラジオを聴くことは無いが、大工仕事など畑小屋近辺で作業をしている時は聴いている。早い時間はやはりHNKだが、7時前からは民放に周波数を替える。ローカル放送局が情報番組をやっている。NHKは全国の、または九州地区の天気予報だが、こちらは沖縄地方の天気予報だ。より詳しい。
 家に帰るとすぐにラジオをオンにする。家に着くのは概ね5時前、民放のローカル番組を聴いている。そのローカル番組に午後6時15分頃から始まる5分間、童謡を聴かせてくれるコーナーがある。先々週だったと記憶しているが、そのコーナーで『手のひらを太陽に』が流れた。私も子供の頃から知っている好きな歌だ。曲が流れる前にアナウンサーが語ったことで、漫画家のやなせたかし氏が亡くなったことを私は知った。

  『手のひらを太陽に』の作詞者はやなせたかし。歌は1961年の発表で、その後、童謡のスタンダードとなったようで、私はたぶん、小学校の音楽の授業で覚えたと思う。やなせたかしが漫画家であることもたぶん、その頃知っている。確か、私が時々読んでいた雑誌、小学館の『小学○年生』の何年生だったかは覚えていないが、漫画家としてのやなせたかしをそれで知り、観て、読んでいる。優しい画風の漫画だった。
 やなせたかしといえば、私にとっては『手のひらを太陽に』だが、一般にはアンパンマンであろう。アニメ『それいけ!アンパンマン』のテレビ放映が始まったのは1988年とのこと。その頃はもう私は大人で、社会人として数年が過ぎていた。それでも、『それいけ!アンパンマン』を観る機会はあった。アンパンマンは友人の子供たちが大好きで、そのお付き合いで私も観たと思う。「良い漫画だ、さすがやなせたかしだ」と思った。

 私が借りている300坪の畑ナッピバル、雑草を刈るのも、土を耕すのも手作業でやっている。耕す作業はしんどい。一度耕して作物を植えた箇所はまだ軟らかいが、新たに耕す箇所の土はとても堅い。鍬ではらちあかないのでショベルを使う。
  鍬を使うとあまり経験しないが、ショベルを使うと頻繁に経験することがある。土中に潜んでいるミミズを切ってしまうのだ。切られたミミズを見るとあの歌を思い出す。「ミミズだーてっ、オケラだーてっ、アメンボだーてー、みんなみんな生きているんだ、友達なーんーだー」、それをぼそぼそ歌い、申し訳ないと思いつつ作業を続ける。
 ちょっと自慢するが、私はゴキブリ、ハエ、カ以外の虫を殺そうと思って殺すことはない。害虫を見つけたら摘まんで、畑の外に捨てている。知らぬ間にカタツムリを踏み潰してしまうことがあるが、カタツムリもミミズも不慮の事故だと諦めている。
 ゴキブリ、ハエ、カについては、私は確信犯である。体にたかるカ、食べ物にたかるハエなどは叩き潰し、家の中に入ってきたゴキブリは即殺する。ゴキブリはバイキンの塊だと信じているからだが、そんな私と違い、やなせたかしはバイキンも殺さない。『手のひらを太陽に』には平和を感じるが、アンパンマンも平和だ。「ミミズもオケラもアメンボも、そしてバイキンも友達にする」やなせたかし、平和の権化だと思う。合掌。
          
          

 記:2013.11.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化学兵器禁止畑 | トップ | エゾビタキ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。