ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

台風の日には

2007年07月13日 | ガジ丸通信-環境・自然

 今、7月13日の午前9時。テレビでは7党キーマンによる討論が行われている。フジテレビの『とくダネ』の1コーナーである。・・・ついつい注視してしまって、この「である。」から「・・・ついつい」の間には30分の時間が流れてしまった。
 で、今、9時半、テレビは台風情報。非常に強い台風が那覇の南西50キロメートルにあるとのこと。で、今、那覇は台風の目に入り、風雨が弱まっているとのこと。窓の外を見る。しかし、首里は那覇より北東にあるせいか、まだ激しい風である。これほどの激しい風は、沖縄島では久々のこと。・・・などと書いているうちに、
 9時43分、ここ首里石嶺も台風の目に入った。空が幾分明るくなり、風はそよそよとなり、雨は小雨となった。セミの声も聞こえだした。台風の目の中心部は空も青空になるが、まあ、50キロメートルも離れていると、そこまではいかないのだろう。
  沖縄島には、去年一昨年と台風の直撃は無かった。強風圏内に入ることは何度かあったが、暴風圏内に入ることは無かった。沖縄島が暴風圏となるのは2004年10月以来とのことである。まあ、そのお陰で、去年もそうであったが、今年は特に、木々の花付きがとても良い。先週、満開のゴールデンシャワー(ナンバンサイカチ)を沖縄の生活『ちょいと良い季節』で紹介したが、2月には見事な咲きっぷりのカエンボク、5月にはこれまた見事に咲いたホウオウボクの写真を撮ってある。
         
          

  10時6分、セミの声が止んだ。小便行って、戻ってみると、開け放った窓から雨が吹き付けていた。窓を閉め、雑巾で濡れた箇所を拭く。10時7分、風が強まる。首里石嶺は台風の目から抜けたようである。これから返しの風、これがさらに強くなる。
 台風4号は昨夜の11時頃に沖縄島を暴風圏内にした。それからもう12時間近くが経っている。この後、台風の速度は速くなるが、それでも、少なくとも後7、8時間は暴風圏となるであろう。これほどの長時間、暴風圏内にあるというのは、過去にあったかもしれないが、私の記憶に薄い。おそらく珍しいことだと思われる。

 さて、今日は1日台風である、と観念した私は、台風の日には、それが昼間であればたいていそうしているように、今日は部屋の掃除である。朝、通常の洗濯を済ませ、さっき、この記事書きを中断して、現場作業で使って汚れた合羽を洗った。

  11時、今、ものすごい突風が吹いた。ベランダの、網を貼った高さ2m、幅4m、奥行き80センチの工作物が傾いた。これは、この工作物を作って10年ほどになるが、初めてのことである。網の四分の一は引き千切れて、どこぞへ飛んで行った。
 突風はなお続く。向かいのナンヨウスギの枝が折れて、電線に引っかかっている。立って窓の外を見ると、ナンヨウスギの折れた枝は1本だけじゃない。見える範囲内だけでも15、6本はある。この風は凄い。停電になる可能性が高い。この記事を書き終えたら早速、掃除機をかけることにしよう。台風の日には、私は掃除である。
          

 記:2007.7.13 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 似せて得る | トップ | 瓦版036 ひょうたん師匠 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。