ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

千里の道もこつこつと

2010年09月03日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 父の残した借金の相続手続きが、取りかかってから二ヶ月以上もかかって昨日、やっとのことで書類提出を終えた。・・・書類提出が終わっただけで、相続手続きが終わったわけでは無い。これから書類審査をし、合否が決められ、不合格だったらやり直しということになる。まだまだ私は、枕を高くすることができないのだ。
  借金の相続手続きが終わると、銀行預金や郵便貯金の相続手続きがあり、さらに、最も面倒な不動産の相続手続き(登記)が待っている。借金の相続手続きも上述の通り、安心できる状況では無い。とはいえ、とりあえず道は前に進んではいる。一歩ずつでも進んではいる。一歩ずつでも進んで行けば、いつかはゴールするはずだと、こつこつと努力してゴールを目指すマラソン選手のような気分に私はいる。
          

 マラソン選手のような気分というのは嫌な気分だ。私はマラソンが好きでは無い。那覇マラソンやら沖縄マラソンとかいう市民マラソンに参加して、完走することに情熱を傾けている友人が何人かいるが、私はこれっぽちの情熱もマラソンには抱けない。私が考えるに、マラソンは競技には向いているが、趣味には不向きである。
 マラソンの好きな人には申し訳ないが、独断と偏見でさらにマラソンの悪口を言う。マラソンは健康に悪い。「煙草を吸う人間が健康に悪いなどとよくも言えたもんだ!」と反論があるかもしれないが、逆に、「煙草は健康に悪いから止めなさいという人が、よくもマラソンなんかできるもんだ!」と私は言いたい。足腰膝にダメージを受ける。心臓や肺や気管支にも負担が大きい。何か悟りを得るための試練でもなければやってられない、苦行僧の苦行のようなものである。・・・なんて、言いたいことを言ってしまった。マラソンの好きなY、及びK子、勘弁。マラソンは嫌いだが、君たちは好きだ。

 話がちょっと逸れた。マラソンは嫌いだが、「こつこつ」は私の性に合っている、ということを言いたい。ちっとも金にはならないのに、むしろ、プロバイダー契約などで金は出て行くだけなのに、時間もたっぷり費やして、日々こつこつとガジ丸HPの記事を書いている。これはしかし、書いていること自体が楽しいのでちっとも苦痛には感じない。考えると、書くことが義務のようになったら嫌になるかもしれない。同じ作業でも、趣味でやれば楽しいが、仕事でやると辛いと感じるようなものだと思う。
  私の「こつこつ」はまだある。家事だ。掃除、洗濯、炊事などだ。これらも日々、こつこつとこなしている。特に、ほとんど自炊している食事については、料理も後片付けも、そんじょそこらの女性よりは多く経験しているに違いない。後片付けは嫌だが、料理は嫌いでは無いので、家事についても特に苦痛を感じることは無い。苦痛を感じない「こつこつ」が私の性に合っている。空を一っ飛びしてゴールなんてことはないが、のんびり歩いていればいつかはきっとゴールに辿りつく。そんな「こつこつ」が好きである。

 さて問題は、こつこつ生きることが幸せかどうか、ということである。千里の道の到着点は有名になる、金持ちになる、金メダルを取る、などとさまざまあろうが、それらを目指す人達はきっと、死ぬまでに何千里も走るのであろう。私の到達点は死である。なので私は、死ぬまでに千里を歩くのみ。千里はのんびり歩きたい。のんびり歩けたら幸せ。
          

 記:2010.9.3 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A&WとJEF | トップ | プロの自覚2 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。