ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

リュウキュウヒメジャノメ

2011年10月31日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 藪の目

 今年の5月、シーミー(清明祭)で従姉の墓を訪ねたときに、藪の中に一匹のチョウを発見した。チョウ?かと思う。チョウとガには確固とした違いは無く、アゲハチョウ上科とセセリチョウ上科に含まれる種を気分的にチョウとしている、ということは別項「昼間働くガ」で述べたが、その頃はチョウとガについてよく知らなかったので、墓で見つけたチョウも最初は、藪の中にいるので、ガかもしれないと思っていた。
 近付くとなかなかきれいな模様をしている。きれいなものはチョウという先入観を持っていたので、これはチョウであろうと見当し、文献を調べ、ジャノメチョウであることを知る。翅に目玉模様があるので、それを蛇の目に喩えてジャノメチョウとのこと。
 先日、職場の庭に翅を広げて地面の上に止まっているチョウを発見する。このチョウの翅にも目玉の模様がある。こっちはしかし、日向にいる。ジャノメチョウは藪の目玉、こっちは日向の目玉、形も違うので別の科であろうと推測できる。私もだんだんと虫のことが解りつつあるようだ。日向の目玉はアオタテハモドキであることを知った。

 リュウキュウヒメジャノメ(琉球姫蛇の目):鱗翅目の昆虫
 ジャノメチョウ科 奄美、沖縄、八重山諸島に分布する 方言名:ハベル
 蛇の目とは文様の名前の一つで、広辞苑には「輪貫(わぬき)と呼ぶ環の文様の俗称」とある。ジャノメチョウ科のチョウには、この輪貫文がある。ジャノメチョウ科にはいくつか種類があるようだが、この文様の数、形などで素人にも判別ができた。
 北海道から九州に分布するジャノメチョウ(ナミジャノメとも)という種があり、それより小型なのでヒメ(姫)が付く。他にヒメジャノメという種があって、同じく北海道から九州に分布する。本種は奄美以南に分布するところからリュウキュウが付く。
 街中で見かけることはほとんど無く、林や森の中の薄暗いところに多い。私がよく散歩している末吉公園、弁ヶ岳、浦添大公園などにも薄暗い場所は多いが、そこらで見たことはない。都会より田舎が好きなのかもしれない。
 これまで、中城村の藪の中、国頭村の林内、名護市の山裾、南城市の林内で見つけ、どれもそれぞれ数分間は観察しているが、翅を広げている状態にはならなかった。
 前翅長24ミリ内外。成虫の出現、先島諸島では周年、奄美、沖縄諸島では3月から12月。幼虫の食草はチガヤ、ススキなどイネ科の植物。
 
 成虫1   
  
 成虫2   
 
 山原産  

 記:ガジ丸 2005.9.16  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンシロモドキ | トップ | モンシロチョウ/モンキチョウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。