ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

銀の花穂の向こう

2010年12月03日 | 沖縄01自然風景季節

 銀の花穂の向こうに青い海が見える。カメラを構える私の後方に夕日がある。銀の花穂が微かにオレンジ色を帯びている。・・・という写真を撮りたくてこの半月、機会を窺っていたのだが、仕事が終わってからだと夕日に間に合わず、休みの日は天気が悪くて、ずっと撮れずにいた。黍刈りはもう始まっている。年明け2週間が勝負、どうなるやら。
 私の愛するシンガーソングライター鈴木亜紀の作品『海が見えるよ』の冒頭に、「海が見えるよ、知らない海が、見渡す限りの、金の稲穂の向こう」という歌詞がある。『海が見えるよ』は優れた情景詩であり、半農半漁の村の景色をくっきりと目に浮かばせてくれるのだが、それは日本であること、そこに暮らす人々のことまで想いを至らせるのだ。
 さて、銀の花穂とはサトウキビの穂のこと。沖縄には米の水田がほとんど無い。伊平屋島とか石垣島とかにあると聞いているが、沖縄本島に暮らしていると金の稲穂の景色を見ることはほとんど無い。鈴木亜紀の歌う日本の情景を、沖縄では感じることが難しいのである。ところがどっこい、沖縄には沖縄の情景、銀の花穂がある。銀の花穂は、他府県には無かろう。これはぜひ、ガジ丸HPで紹介しなければならないと思ったのだ。
 今週の水曜日、現場が東風平村(コチンダソン)にあった。そこから車で10分も走ると海が見える。そこは具志頭(グシカミ、以前は沖縄読みのグシチャンだった)という村になる。サトウキビ畑もあるだろう。ということで昼休み、海の見えるサトウキビ畑を探しに具志頭まで行った。それは、すぐに見つかった。車の屋根に乗り、写真を撮る。
 夕日で無いのは残念だが、銀の花穂の美しさは出ていると思う。
     

 記:ガジ丸 2004.12.31 →沖縄の生活目次
参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷える線香 | トップ | 騒動買い »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。