ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウミネコ

2013年12月20日 | 沖縄の動物:鳥

 海の陸上動物

 古い歌謡曲・・・歌謡曲なんて今でも使うだろうか?もう死語になっているのだろうかなんてことはさておいて、歌謡曲の中でも演歌だったと思うが、歌詞の中にウミネコが出てくる歌があった。と思い出して、「何ていう歌だっけ?誰が歌っていたっけ?」とこの項を書き始める1時間も前から記憶を、脳味噌の中をいじくりまわしているが、どうしても出てこない。・・・怖い。認知症はこんなことが続いて、その内発症だろうか?
 あんまり考えると心にも悪影響を与えるので、歌のことはもう忘れて、話を「海の陸上動物について」に替えよう。海の陸上動物って何?言葉が矛盾しているがね。
 いえいえ、矛盾は無い。私が言う海の陸上動物とは、生身の動物のことでは無く、言葉としての動物、漢字表記の動物。陸上動物の漢字がついた海の生物のこと。

  今回紹介するウミネコはその一つ、ウミネコは鳥の一種で、漢字では海猫と表記する。陸上動物の漢字がついた海の生物は他に、私でも知っている有名どころで馬、豚、牛がある。海馬は「うみうま」と読み、タツノオトシゴの別称、海豚はイルカの漢字表記、海牛はウミウシ、ナマコに似た浅い海底に生息するムニャっとした奴。
 などと思い出しながら、もっとないだろうか?と広辞苑を開いた。あった。海馬はタツノオトシゴの別称でもあるが、アシカの漢字表記でもあった。他に、海鹿があり、これはアメフラシの別称とのこと。アメフラシとはウミウシに似たムニャっとした奴。海狸なんてのもあった。ウミダヌキと読み「ビーバーのこと」(広辞苑)とのこと。

 タツノオトシゴも、イルカも、ウミウシも、アシカも、アメフラシも、ウミダヌキもみな、おそらく見た目からその名、その漢字表記となっている。ウミネコは、その見た目がネコに似ている、わけでは無い。ネコに似た鳥がいたならちょっと驚くよね、ジブリアニメの世界ならいても可笑しくないが。・・・ウミネコは鳴き声がネコ。

 
 ウミネコ(海猫)
 チドリ目カモメ科の冬鳥 九州以北では留鳥 方言名:不詳
 名前の由来は『野鳥ガイド』に「ミャーオ、ミャーオと猫のような声で鳴くので」とあった。同じ意味で別名ネコドリ(猫鳥)ともある。
 沖縄では冬鳥で、見られる時期は10月から3月とのこと。日本各地に生息し、九州以北では留鳥。カモメの一種で、日本では最も普通のカモメとのこと。
 全長47センチほどで、海岸、河口、港などに生息する。『沖縄の野鳥』に「県内(沖縄)で見られるのはほとんどが若鳥で、全身褐色の地に、濃褐色斑が体中にあり・・・」とあった。私の写真は北海道稚内での成鳥、沖縄ではまだ成鳥も若鳥も見ていないか、あるいは、気付いていない。ミャーオ、ミャーオの鳴き声も生では聞いたことが無い。

 記:2013.12.15 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行
 『野鳥ガイド』唐沢孝一著、株式会社新星出版社発行
 『沖縄 宮古の野鳥』砂川栄喜著、(有)ボーダーインク発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKに物申す | トップ | 知らしむべし »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。