ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

街は暑い

2006年07月28日 | ガジ丸通信-環境・自然

 4週前の通信記事『温暖化は着実に』で、「猛暑だった2004年」と書いたが、それは間違いで、猛暑だったのは2003年であった。どうやら、齢とると時間が速く流れるようである。3年前のことを一昨年のことだと覚え違いしたようである。
 沖縄気象台のホームページに、月を上旬、中旬、下旬に分けた平均気温のデータが載っている。それによる那覇の2002年からの7月の気温(上旬 中旬 下旬)は、
 2002年 28.3 27.8 28.5
 2003年 29.4 30.0 30.2
 2004年 28.1 29.0 29.4
 2005年 29.0 29.1 29.5
となっており、いかに2003年が暑かったかが判る。
 さて、梅雨明けからその2003年を上回る猛暑となった今年、7月上旬の平均気温は29.5度で、やはり2003年の記録を抜いている。ところが、中旬に入った先々週から沖縄は涼しくなった。いや、涼しいというのは間違いで、「夜寝られないほど暑くは無くなった」というのが正確。暑いには暑いが、窓を開ければ扇風機無しで過ごせた。
 今年7月の上旬10日間の気温、32度台が3日、33度台が4日、35度台が1日となっている。中旬の10日間では32度台が1日あるだけで、あとはそれ以下、平均気温は28.4度となっている。なるほど、過ごしやすかったわけである。

 夏の日差しが照りつける中であっても私は歩く。少なくとも往復徒歩30分程度の距離であるスーパーへの買い物は歩いて行く。今は7月上旬のような酷暑では無いので、日向は暑いけれども、ゆっくり歩けば汗が滲む程度で済む。
 先週土曜日、22歳の美女からお声がかかり、デートへ出かけた。映画を観て、食事して、ジャズのライブを聴くというコースを設定し、午後3時、映画館で待ち合わせる。ウチナーンチュでありながら概ね時間を守る私は、3時ちょっと前に牧志へ着いた。牧志バス停から桜坂劇場まで5分ほどの道のり、陽射しの強い中を歩く。映画館の中へ入れば涼しいクーラーが待っている。その映画館へ後数メートルというところで電話が鳴る。
 「今、向かっている途中です。場所を教えてください」と22歳。彼女は正統派のウチナーンチュなので、だいたい遅刻してくる。遅刻はいいのだが、「場所教えて」は想定外であった。有名な桜坂劇場だ、その場所をたとえ知らなくとも、前もって調べておくのは簡単なはずなのだ。しかし彼女は、準備無しでも「なんとかなるさ」と思う、これまたいかにもウチナーンチュらしい性格なのであった。
 牧志バス停近くのデパート三越前で待ち合わせる。たった5分の距離だが汗をかく。首里で5分歩くのよりずっと多く汗をかく。街は暑いのである。街の空気はコンクリートで熱くして、アスファルトでも熱くして、クーラーでも熱くしているみたいである。
  便利な街、車が走りやすい道、人が過ごしやすい建物、などということを目指すと街は暑くなり、過ごしにくくなる。それをカバーするために電気をたくさん使う。すると地球温暖化でますます暑くなる。化粧すると肌が荒れる。荒れた肌を覆い隠すために濃い化粧をする。すると、ますます肌が荒れる。・・・のと同じ(喩えは適切だろうか?)
 沖縄気象台が観測する那覇の気温、その観測場所をデパート三越前でやったなら、平均気温はきっと2、3度ばかり上がるに違いない。
          

 記:2006.7.28 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メチャ盛肉症候群 | トップ | 動かさない筋肉は衰える »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。