ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

蝉の消えた夏

2006年09月01日 | ガジ丸通信-環境・自然

 先々週だったか、小学校一年生になる男の子の母親と称する人からメールがあり、
 「今年4月から沖縄に住むようになりました。・・・今、蝉の声が聞こえません。沖縄では8月に蝉は鳴かないのでしょうか?」といった内容。

 それより前の8月12日、友人Hとの会話、
 「最近、朝夕涼しい風が吹くよな。8月なのに珍しいことだよな。」
 「そういえば、セミの声が聞こえなくなったぜ。」
 「なんだろうな、もう秋ってことかな。」
 「まさか、沖縄の夏は今が真っ盛りだぜ。」
 沖縄気象台の記録を見ると、8月の気温、上旬は確かにここ4年で最も低いが、中旬は、あの記録的な暑さだった2003年に次いで高く、下旬は03年を超えて最も高い。蝉が秋と勘違いすることは無い。それに、秋になればなったで、クロイワツクツクが鳴くので、10月いっぱいは蝉の声が消えるということは無い。が、今年は消えた。
 全く消えたわけでは無く、時々は聞こえる。しかし、その声は数が少なく、小さい。あんなにたくさんいた蝉はいったい、どこへ行ったのだろう。

 Hの推理、
 今年の梅雨は記録的な大雨だった。雨量も記録的だったが、降っている時間も記録的に長かった。沖縄ではそう無いことだが、地滑りも数箇所であった。その地滑りで流された蝉の幼虫の数は少ないが、沖縄のどこの地面も、降り続く雨によって土の含む水分が飽和状態になっていた。よって、蝉の幼虫たちは皆、泥沼の中に長期間閉じ込められた。蝉の幼虫たちは泳げない。つまり、体力のある者を除いて、多くの蝉の幼虫は溺死したのである。というわけで、今年の沖縄の夏には蝉が少ないのだ。
          
 
 私の推理、 Hの推理が正しいとすると、幼虫の絶対数自体が少なくなり、地上に出てくる成虫の数も出初めから終わりまで、全体的にその数が少なくなるはずである。しかし、8月初めまでの蝉の数は例年通りであった。よって、彼の推理は正しくない。
 「8月の中旬からは、外は○○なので出るのは止めよう」ということに、沖縄の蝉界ではなっているのだろうと私は推理する。「○○なので」の○○が何なのか確かな事は判らないが、まあ、地球温暖化とか、オゾンホールとか、大気汚染とかの地球環境悪化の何かであろう。蝉たちの多くは外に出るより、地中に留まることを選んだ。
 蝉の幼虫は、樹木の根からその樹液を吸って生きている。進化した蝉たちは、羽化後も幼虫同様に根の樹液で生きられるようになった。そして、地中に棲家を作った。
          

 記:2006.8.31 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーグチハーグチ | トップ | 台風Ctrl機 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。