ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ダイサナジャー

2011年08月26日 | 沖縄03音楽芸能・美術工芸・文学

 最近、沖縄民謡をよく聴いている。民謡は、若い頃から時々聴いてきたので、何枚もあるCDの中に知っている曲は数多くある。ただし、ここで言う「知っている」は、曲のタイトルを「知っている」程度のことで、歌詞(1番だけのものも含め)まで覚えているものは少ない。何しろ歌詞のほとんどはウチナーグチなので、「方言を使ってはいけない」と子供の頃教育され、そのお陰でウチナーグチが話せないまま育ってきた私には、なかなか歌詞の内容が理解できず、したがって覚えにくいのである。
 歌詞の内容が理解できないのには、たとえ沖縄語辞典を片手に語句の一つ一つを調べたとしても、「何を言っているのか訳が解らん」となる歌が多いという理由もある。

 若い頃、『ダイサナジャー』を聴いて、ダイは大、サナジは褌で、語尾を伸ばして「大きな褌の人」となり、和語に喩えると大風呂敷、つまり、ほら吹きのことを歌っているのかと思った。しかし、母に尋ねると、「だらしない人という意味」との答えだった。
 そうか、「大きな褌を引き摺って歩いている人」と捉えて、「だらしない人」となるのかと、沖縄語辞典で確かめることもせず、その時は合点した。
  今回、改めて事典をひく。サナジャーは合点した通りであったが、ダイという言葉が無い。そもそも大はウチナーグチでウフと言う。したがって、ダイは大では無い。事典にはダユンという動詞があった。「だれる」という意味。ダイムンという名詞もある。「役立たず、だるそうにしている人」などのこと。そうか判った。ダイムンのムンは者という意味である。で、ダイは「だれた」という形容詞になるのだ。
 ダイサナジャーは「だれた褌を穿いている人」となり、母の言う通り「だらしない人」という意味でもおかしくない。これで一件落着だ、・・・タイトルに関しては。
     

  ダイサナジャーが「だらしない人」で正解だとしても、歌詞の内容は理解不能。「だらしない人がウムニー(芋きんとん)を前にして」何をしているのか不明。だらしない人が「クジラが寄って来ないか」と期待しているのは何故なのか不明。だらしない人が「お前たちのトートーメー(位牌)と俺たちのトートーメーはとてもよく似ている」と言うのは何故なのか不明、などなど、1番から9番まである歌詞の一つ一つがよく解らない。その上、1番から9番までの歌詞の間には繋りがほとんど無い。
 歌詞は詩である。論理的表現で無くても良い、感覚的表現で良い。ということなのであろう。であれば、何となく雰囲気は伝わってくる。感覚的表現で、1番から9番まで脈絡のない歌詞は覚えにくいのであるが、英語の歌と思えば何とかなるかも。
     

 なお、『ダイサナジャー』の歌詞は、『正調琉球民謡工工四(くんくんしい、三線の楽譜)』第四巻に載っている。男(だらしない人)と女の掛け合いの歌。
 歌は、嘉手苅林昌のアルバム『ジルー』に収録されている。※男と女の掛け合いとはなっていない。また、歌詞は一部工工四のものと異なる。

 参考までに言葉の説明、沖縄語辞典の記述から。
 サナジ
 ふんどしの卑称、普通はハドービ(肌帯)という。
 越中ふんどしのことはメーチャーサナジ。

 記:2011.7.31 ガジ丸 →沖縄の生活目次

参考文献
『正調琉球民謡工工四』喜名昌永監修、滝原康盛著編集発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大量消費推進媒体 | トップ | 凛として歌う »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。