ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

クズモダマ(イルカンダ)

2017年06月17日 | 沖縄の草木:蔓蔦

 昼休み、別のクラスの友人を訪ねた鶴野くん、教室を覗いて、
 「神田、居る?」と訊いた。
 「さっき出ていったけど、昼飯まだだし、すぐ戻るだろ。」と別の友人が応える。鶴野くんは「トイレかな?」と思ってトイレへ行って探したが、神田くんはいなかった。少し遠回りして5分ほども経った頃、再び神田くんのクラスへ行き、訊いた。
 「居る?神田。」

 以上のどうでもいい話は落語で言うまくらのつもり。昨年(2016年)、3月の中頃からだったか、「イルカンダが数年ぶりに開花しました」といった内容の、植物園かどこかのコマーシャルがラジオから聞こえてきた。「そうか、イルカンダの花が開くのは珍しいのか。」と思いながら、ふと、「あっ、もしかしたらあれ?」と思い出した。
 その前年の4月頃、畑の向かいの森に入った際、面白い形をした莢を見つけ写真を撮った。図鑑を調べ、「もしかしたらこれ」と思っていたツル植物があったのだ。「もしかしたらあれ」と思い出して早速、畑の向かいの森へ入って確かめたら、そのツル植物は「おー、何とまあ見事に!」と、思わず声が出るほどに、多くの花を咲かせていた。
 イルカンダ、わざわざヤンバルまで出かけなくても、西原町でも咲いていた。

 今年(2017年)もまた、イルカンダの花の季節となった。4月2日、それを確認しに向かいの森に入った。しかし、そこにイルカンダはなかった。花だけでなく長く伸びていた蔓枝もなかった。根元を見に行くと、イルカンダは根元近くから切られていた。おそらく、墓掃除の際に草刈をしていて、草刈機で切ってしまったものと思われる。
 
 去年の根元
 
 切られた根元
 
 クズモダマ(葛藻玉):パーゴラ
 マメ科の常緑蔓性木本 原産分布は南西諸島、台湾、インド 方言名:イルカンダ
 参考文献の多くにイルカンダという名前しかなく、クズモダマという名前は『やんばる樹木観察図鑑』で知った。クズモダマという名前の由来は不明。漢字表記も私の想像によるもの。葛は「マメ科の大形蔓性の多年草。葉腋に花穂をつけ、紫紅色の蝶形花を総状に咲かせ」(広辞苑)、藻玉は「マメ科の蔓性木本。沖縄・小笠原・台湾などに自生。花は淡紅色で、早春開き、長さ1メートルに及ぶ莢を生ずる」(同)で、「紫紅色の蝶形花を総状に咲かせ」から葛、大きな莢から藻玉ではないかと・・・。
 それまでそれが和名でもあると思っていたイルカンダは沖縄語で色蔓という意。花の色が独特な蔓植物という意であると思われる。別名にウジルカンダともあったが、これについては不明。ちなみに、ウジルには怖がるという意がある。
 巻きつる型で、蔓の長さが5~10mにもなる大型のツル植物。葉は3出複葉で、小葉は長さ10センチほど掌状。長さ30センチほどの花序がフジのように垂れ下がり、1房に多くの花を着ける。花は赤紫色、部分的に緑色をしており異臭がある。開花期は3月から4月。莢は長さ20~50センチで、種子と種子の間がくびれて串団子状になる。
 
 花
 
 莢
 
 落ちた花

 記:島乃ガジ丸 2017.5.6 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
 『熱帯植物散策』小林英治著、東京書籍発行
 『花卉園芸大百科』社団法人農山漁村文化協会発行
 『ニッポンの野菜』丹野清志著、株式会社玄光社発行
 『藤田智の野菜づくり大全』藤田智監修、NHK出版編
 『やんばる樹木観察図鑑』與那原正勝著、ぱる3企画発行
 『熱帯の果実』小島裕著、新星図書出版発行
 『熱帯花木と観葉植物図鑑』(社)日本インドアグリーン協会編、株式会社誠久堂発行
 『ハーブを楽しむ本』川口昌栄編集、株式会社集英社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男の本音はやり逃げ | トップ | ベニバナクサギ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。