ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

靴下に熱湯

2007年09月14日 | ガジ丸通信-政治・経済

 火傷は、火傷した後のズキズキも痛いのであるが、じつは、火傷した瞬間の雷のような瞬間的な痛みの方が、痛みのグレードとしてはかなり上なのだと私は感じている。瞬間的なので、後のズキズキよりは印象が薄いだけなのだと思っている。

 私は滅多に外食をしない。月1回の模合(相互扶助的理由をつけた飲み会)と、年に数回あるデート(オジサンとデートしてくれる天使のような女性がたまにいる)やその他の飲み会を合わせて20回ほど、それに、旅に出た時の3食約30回ほどを足して、1年365日1100回ほどの食事のうち、外食は50回ほどとなっている。
 というわけで、1年365日1100回ほどの食事のうち、残りの1050回を私は自炊している。現場仕事の際も、概ね自分で弁当を作って昼飯にしている。現場仕事で無い場合は、家に帰って、自分で昼飯を作って食っている。

 内勤の日に家で昼飯を作る時は、私は靴下を履いている。そんな時に、ソーメンか何かを茹でている時だったと思うが、その煮立ったお湯をうっかりこぼして、靴下を履いた足に、足の甲全体が濡れるほど大量にかけた経験がある。
 靴下に100度の熱湯を注いだことを想像してみると良い。熱湯がじわーっと靴下に滲みて皮膚に達するまで一瞬の間があるが、皮膚に達すると、これは非常に熱いのである。それは、火傷した瞬間の雷のような瞬間的な痛みが、靴下を脱ぐまで続くのである。ソーメンをざるに移して、水に浸すまでの数秒ほどは我慢したのだが、それが限界。滅多に声を上げることの無い私であるが、その時は「わっ、わっ、わっ、」と叫んでしまった。慌てふためいて靴下を脱ぐ。左足の甲が広い範囲で赤くなっていた。
  その時の経験から、私は一つの格言を得た。「熱湯のかかった靴下は熱い内に脱げ」ということである。よく知られている「鉄は熱いうちに打て」とか、あまり知られていないが、「味噌汁は熱いうちに飲め」とかいったものとほぼ同じことである。「熱いものはなるべく早く処理した方がいいぜ」ということである。
          

 「そう長くは持たないでしょう。年内には何かあるんじゃないですか。」と予想する政治評論家は多くいたが、臨時国会が始まってすぐに、と予想した人はいなかった。政治にそう詳しくない一市民である私もまた、テロ特措法の継続を確かにして、それを花道にして退陣という可能性はあるかも、くらいに予想していた。
 多くの人が「何で今?」と感じたであろう。私も同じである。多くの人が「ならば、参院選の後、すぐに退陣すべきだった」と思うであろう。私も同じである。
 参院選惨敗直後が、安部さんにとっては最も熱い時期だったと思う。この場合の熱いは厳しいという意味である。その時、潔くきっぱりと辞めていれば、安部さんの傷もそう深くはならずに済んだかもしれない。のっぴきならない事情があったのであろうが、このドタバタによって、安部さんの再登板はちょっと遠退いたと思う。
 安部晋三さん、テレビに映る顔がすごくやつれて見える。泥沼に足を突っ込んで、強い逆風を受けて、それでもなお前に進もうとしたんだけど、ついに疲れ果てたんだな。安部晋三さん、荒心臓では無かったようだ。早よ元気になってね。

 記:2007.9.14 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版040 ぐうたらグーダ | トップ | 瓦版041 酒豪の肴 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。