ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ルートビア

2011年03月11日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 子供も飲めるビール

 A&Wというファーストフードのチェーン店がある。ヤマトゥ(倭国)には無いようだが、沖縄には古くからあり、オジサン世代にはマクドナルドより馴染み深い。A&Wもマクドナルドやケンタッキーフライドチキン同様、元はアメリカのファーストフード店。アメリカへ行けばA&Wを見ることができる。沖縄にあるのと同じ看板だ。

 A&Wで売っているものは、マクドナルドとケンタッキーフライドチキンを合わせたような内容。ハンバーガーも売っていれば、フライドチキンも売っている。フライドチキンはチャビーチキンという名、皮がカリカリっとしていて、脂の滴るケンタッキーに比べるとサッパリした感じ。実がパサパサという意見もあるが、私はチャビーの方が好き。
 と言いつつ、もう何年も私はチャビーチキンを食っていない。ついでに言うと、ケンタッキーも食っていない。そもそもファーストフード店に行く機会があまり無い。ここ20年だと、1年に1回も行っているかどうかというくらい。A&Wは2、3年前に確か、トイレを借りるついでにルートビアを飲んだっきりだ。
 そんなわけで、以下に挙げるものが今でも存在するのかは不確かなのだが、A&Wには他のファーストフード店に無い面白いメニューがいくつもあった。

 コニードッグ、チリドッグ、ジャンボポークテンダロイン、ロングフートドッグ、オニオンリングなどなど。ジャンボポークテンダロイン、ロングフートドッグにはその大きさで驚く。味で驚くのは、それら食い物では無く、飲み物のルートビア。ビアとはあるが、アルコールは入っていない。ルートは根っこ、植物の根などから取れる薬効成分や、他の薬草などのエキスをブレンドして作られた飲み物とのこと。
  ウチナーンチュにとっては馴染み深い味で、違和感も何も無いのだが、観光客で初めて飲んだ人の中には、「ガムを飲んでいるみたい。気持ち悪い。」と言う人もいる。ガムを噛んで、その味の付いた唾液を飲むということに比べれば、気持ち悪さレベルはずっと下のランクであろうと私は思うのだが・・・、人の感性は人それぞれ。
 いつごろからあったのか記憶は定かでないが、たぶん、復帰(1972年)前までは無かったと思うが、ルートビアはA&W銘柄の缶入りも販売されている。
      
 ちなみに、『沖縄大百科事典』によると、沖縄でA&Wが開業したのは1963年とある。日本でファーストフード店が初めて開業したのはマクドナルドとケンタッキーの1971年だ。ピザやタコスの専門店も古くから沖縄にはあって、ファーストフードは倭国より一足速く、沖縄の食生活の一部となっていた。  

 記:ガジ丸 2004.11.5 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イカ墨汁 | トップ | シマラッキョウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。