ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

明日に架けるはしご

2006年03月31日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 知人のKさんから水曜日(29日)の夕方電話があって、「会わせたい人がいるんだけど、来ない?」と誘われる。Kさんの言う会わせたい人とは、女では無く男、中年のオジサンであったが、会いに行く。ジャズのライブハウスで0時過ぎまで飲む。
 その席で、Kさんから「基地の中に面白い店がある。日曜日に行こう」と誘われる。「基地の中の面白い店」には非常に興味をそそられたので、応諾する。
 Kさんの家を明日訪問するという予定も入っている。これは、Kさんとは直接の関係は無い。Kさんの奥さんと中学生になる娘に、もう2ヶ月以上も前から約束していたことなのだが、その約束がやっと果たせるのだが、彼らを相手にパソコン講座を行うことになっている。友人の、新婚の娘の、買ったばかりのパソコンにソフトをインストールするという作業も頼まれていて、これも明日行う予定となっている。
 見た目が優しそうに見える私は、このような「頼まれ用事」がちょくちょく入る。「頼まれ用事」は、仕事が忙しい時期にはできなくて延期していたことも多い。仕事が忙しかった時期に延期、または中止したことは「頼まれ用事」だけでは無い。ここ3、4ヶ月ばかりは映画も観に行っていない。その時間が作れない。美人人妻からデートのお誘いもあったが、すべて断っている。その時間も作れなかった。

 人妻からのお誘いは断っているが、ところが、断らない、断れない、断りたくない相手から3週間前にお誘いメールがあった。で、先週土曜日、久々にデートをする。相手は21歳の可愛い娘。美術展を観、おしゃべりし、食事をし、の5時間を過ごした。
 21歳は、自身の感性の良さがはっきりと見えないらしく、オジサンにそれを褒められてもはにかむだけである。「私なんか」とか、「私には無理」と思うこともいくつかあるらしい。まあ、私も若い頃は自分に自信が無くて、彼女と同じように、自分で自分の可能性を否定し、自分で自分に鎖を掛けるみたいなところがあったのである。おそらく、世の中の多くの人はそうなのだろうと思う。プロボクシングの亀田兄弟みたいに、若い頃から自信満々で、自分に不可能は無い、などと思っている人は僅かであろう。

 1970年に発表されたサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」は、世界的に大ヒットし、私も知っている。メロディーだけなら口ずさむこともできる。ただ、歌の内容は知らない。英語だから、私は英語が読めないから。それでもおそらく、「明日に希望を持って生きようぜ」といった内容であろうと、その題から想像する。
 さて、表題の「明日に架けるはしご」であるが、じつは、「明日に架ける橋」に続編があった、・・・というのはウソ。それは、21歳とのおしゃべり中に私が思いついたことである。高い所に大好きなケーキがあるが、手が届かない。そんな時はいろいろ工夫するだろう。考えて努力して何とか手に入れようとするだろう。はしごを思いつき、材料を探し、作って、架けて、1歩1歩登っていくだろう。つまり、「明日に架けるはしご」とは、自分の好きなもの、あるいは、自分の夢を手に入れるための「はしご」なのである。
 「自分にできることを探すのでは無く、自分の好きなものを探して、それを目指すようにしたら」というのが、オジサンが若い娘に助言したことであった。「高い所にバナナがあったら、サルだってはしごを登るぜ」とも付け加えた。

 記:2006.3.31 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慌てる乞食は難儀する | トップ | 先を見る力 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。