ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

これだけは伝えタイムマシン

2015年08月28日 | ガジ丸通信-科学・空想

 糞暑いせいで畑を休んでいるのか、最近、近所の大先輩農夫N爺様が姿を見せない。もっとも、最近雨の日が多い、私も8月に入って2日は休んだし、遅い時間に出勤ということも数日あった。N爺様も雨の日は概ね畑に来ない。そのせいでもあろう。
 N爺様からは、彼が若い頃の話をいろいろ聞いている。爺様の若い頃は戦中戦後だ、興味深い事項もいくつかあった。その話をまとまった文章にしようと思ったのだが、聞きながらノートをとるということをしていなかったので、「あれ、何でそうなったんだったっけ?」など思い出せない点がいくつかあって、まだ文章にできていない。
 4月から5月にかけて数回、N爺様とじっくり話をする機会があって、計4時間ばかり会話をした。爺様は終戦の1945年、17歳で、もう少し経てば兵隊にとられたが、その時は軍需工場で勤労奉仕していたらしい。そして、既に結婚していたとのこと。結婚したてで、しかも戦火が激しい頃で幸せな結婚生活は送れぬまま、妻を失くしている。新妻だけでなく、自分の両親も一緒に失くしている。爺様の両親と妻は北部へ疎開する道中、同じ日同じ時間同じ壕の中で米軍によって焼き殺されたとのこと。

 N爺様は淡々と語ったが、そのことに思いを馳せるように遠くを見るような眼差しをした。爺様には問わなかったが、それはとても悔しい思いをしたのだと思う。
 今度N爺様と話をする機会があったら聞いてみようと思っていることがある。「亡くなってしまったけど、両親と奥さんに伝えたいことがありますか?Nさん、そんな手紙書いてみませんか?」と。爺様の話をまとめる時に、爺様から聞いたことを私が文章にするだけだと深みが無いので、その手紙をメインにしようと思ってのこと。
 そこで、想像力の豊かな私は、これだけは伝えたいと思うことを、時代を遡って伝えることのできるタイムマシンがあればと想像した。もしも私がその場にいたら、
 「鬼畜米英なんて嘘だ、「出てきなさーい」と聞こえたら手を挙げて壕から出るんだ、命どぅ宝(ヌチドゥタカラ)だ、生きていさえすれば何とかなる」と、壕の中にいる人々を説得したと思う。もしもそこに日本兵がいて「何だとーこの野郎、臆病者が、非国民めが、黙れ!」と私に切りかかってきたら、私はその兵隊を殺してでも皆を救いたい。
          

 「日本国民なら辱めを受ける前に自ら命を断て」と日本軍国主義によって洗脳されていたウチナーンチュには、終戦を前に自決した人も多くいたと聞く。彼らにも私は、
 「生きなさい、戦争が終われば平和な世の中になる。皆が飢えの心配をせず生きていける世の中になる。戦後すぐ沖縄芝居が隆盛となり、映画に人が集まり、やがてテレビが茶の間に広がる。多くの人がマイカーを持ち、休みの日には家族そろって海辺でバーベキューパーティーをする。結婚して、家庭を持ち、子供たちが大人になり、結婚してたくさんの孫ができ、その孫が大人になって、結婚して曾孫も産まれる。あなたの未来は今と比べれば遥かに明るく、幸せに生きていける。だから生きなさい」と伝えたい。

 6月23日の慰霊の日までに「N爺様の時間旅行」のようなタイトルで一文を書いて、それをブログに載せようと思ったが叶わなかった。ならば8月15日までにと思ったがそれも叶わなかった。今度N爺様を見かけたら、声をかけ、話を聞こうと思っている。
          

 記:2015.8.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.8.28糞暑い中気分上々 | トップ | 果実酒4 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。