ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ジャスミンティー

2011年03月07日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 お茶といえば1

 昨年、沖縄にライブでやってきた若い女性ミュージシャンが、彼女のホームページの中で、「沖縄はジャスミンティーが主流で、ウーロン茶が無い。」といった内容のことを述べていた。それはまぁ、少し誇張して言ったのだろうが、そんなこたぁ無いのだ。自販機にもスーパーにもコンビニにもウーロン茶はある。ただ、言われてみれば確かに、ここ数年来、沖縄ではウーロン茶が減り、ジャスミンティーが目立つようにはなってきた。ペットボトルや缶入り飲料として、自販機やスーパーの棚にたくさん並んでいるのを見る。しかし、ジャスミンティーそのものは、最近急に流行りだしたという訳ではない。

  今はジャスミンティーという名が、特に缶入り飲料では主流だが、ウチナーンチュにとってそれは、サンピンチャという名で、昔から親しまれていたもの。中国語で"香片茶"と書き、"シャンピンチャー"と発音されていたのが、物と名前共々、沖縄に伝えられた。スーパーのお茶のコーナーには、煎茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶などともに数種類のサンピンチャが並んでいる。ずっと昔から、沖縄でお茶といえばサンピンチャ、といってもいいくらい庶民に愛されていた、そして今も愛されているお茶である。 
       
 記:ガジ丸 2004.9.11 →沖縄の飲食目次

 参考文献

 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーミンプットゥルー | トップ | 冷やしぜんざい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。