ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オオハナアブ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-双翅目(ハエ他)

 ハエの仲間だったのね

 去年、一昨年とやっていないが、それまではほぼ毎年、キャンプがあった。5、6年前までは年に1回は必ず、10年前の前後数年間はキャンプの最盛期で、年に2、3回行くこともあった。その頃のメンバーが今年の初めに集った。メンバーのY男とM女の入籍報告会を名目としたホームパーティーであった。その席で、「今年はキャンプを復活する」と女性陣から声があがった。久々のキャンプだ。今から楽しみである。

 キャンプの場所は概ね、ヤンバル(山原と書く、沖縄島北部の通称)のキャンプ場である。10年前頃のキャンプ場はその中の、本部町にある塩川キャンプ場で開くことが多かった。塩川キャンプ場は無料。たぶん、塩川部落が管理している。売店、食堂などは無かったが、水道とトイレはあった。トイレは汲み取り式。
  汲み取り式のトイレは、雲子しようとしゃがむ時に、自分のでは無い人々の雲子が目に入る。トイレットペーパーなども目に入る。それから、ウジ(蛆)も目に入る。ウジは日頃目にすることの無い虫であるが、汲み取り式トイレには付きものの虫。

 ウジはハエの幼虫とばかり思っていたが、アブの幼虫もウジであるらしい。それもそのはず、ハエとアブは同じ双翅目とのこと。広辞苑に「(ハナアブの)幼虫は長い尾を持った蛆で汚水などにすみ、「おながうじ」と呼ばれる。」とあった。ウジの形にも多少の違いがあるようである。今度機会があれば、じっくり観察してみようと思う。

 
 オオハナアブ(大花虻):双翅目の昆虫
 ハナアブ科 沖縄島、八重山諸島、中国、東南アジアに分布 方言名:不詳
 ハナアブ(花虻)は「ハナアブ科の昆虫の総称」で、「花蜜を吸う」ところからその名がある。本種はハナアブの中では大型なのでオオ(大)がつく。写真のもの、『沖縄昆虫野外観察図鑑』にはオオハナアブとあったが、別の文献にはミナミオオハナアブ(南大花虻)という名前で載っていた。亜種があるのかもしれない。
 「飛ぶときに羽音をたてるので蜂と間違う」とあるが、これは擬態の一つで、蜂に似せることから天敵に狙われにくいということらしい。虻や蠅の仲間にはよく見られることらしい。ところが私は、蜂と虻の違いが判らない。ハチは膜翅目で、アブは双翅目。ハチはハチで、アブはハエの仲間ということ。ハチとハエなら違いはよく判る。
 幼虫はいかにもハエの仲間らしく蛆で、水の中に住む。成虫は花の蜜を吸う。センダングサの花でよく見かける。山でも林でも民家近くでもよく見かける。
 体長は13~16ミリ。成虫の出現は3月から12月。
 
 前から

 記:ガジ丸 2007.1.28 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホソジマヒラタアブ/ホソヒ... | トップ | クロバネツリアブ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。