ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

決定権は我にあり

2008年05月09日 | ガジ丸通信-社会・生活

 前に、ウフソーについて語ったが、その中で、「『沖縄大百科事典』によると、ウフは大きい、ソーは性根、思慮で、思慮が大まかで細かいことに気が回らない人をいう。」ってことを書いた。その時じつは、大きな性根ならば、肝っ玉の据わった人、つまり、泰然自若の人とも言えるんじゃないかと思った。で、広辞苑を引く。
 『泰然自若』は「ゆったりと落ち着いて平常と変らないさま。」とあって、鷹揚とか寛容とかいうイメージだ。どうも、大雑把とは違うみたいである。

 さて、大雑把である上に泰然自若の風貌、というか、容姿をした女友達が二人いる。二人とも常々、「痩せなきゃ」とか「痩せたいなぁ」とか仰っているが、その希望はここ何十年も叶えられていない。「痩せたい」というのは口先だけのことだと私は見ている。二人とも、痩せる努力をしているのを見たことが無いからだ。
 その内の一人、三重顎K子がいつだったか、模合(理由ある飲み会、K子もメンバーの一人)の席で、ビールガブガブ飲みながら、肴ガツガツ食いながら、
 「お腹空くとイライラしてくる」と言った。そうか、なるほど、イライラは精神衛生上良くない。健康に生きるためにはお腹を空かせてはいけない。ということは、彼女にとって痩せることは健康でない。よって、彼女が痩せることは金輪際無理となる。
 ※金輪際:底の底まで。どこまでも。とことんまで。断じて。(広辞苑)

 私に美しい映画『中国の植物学者の娘たち』を勧めてくれた友人のSは、一日一食という食生活を続けている。「現代人は食い過ぎ」という彼の見解には私も賛成である。
 先月のある日、泰然自若の容姿をした女友達のもう一人、三段腹E子と「Sは一日一食を続けている」という話になった。そこから、「俺は、平日の晩飯はたいてい豆腐と野菜だけで、週末の三日間は昼飯を食べない。」と、私の食生活を語ると、三段腹は、
 「お腹空いたら我慢できないでしょう」と言った。そうか、なるほど、「我慢できないから食べる」は容認しても、「食べるから太る」は容認していないわけだ。だから、ちょっとお腹が空くと間食をする。よって、彼女が痩せることは金輪際無理となる。

 E子の「お腹空いたら我慢できないでしょう?」との問いに、私はこう答えた。
 「お腹が空くというのはお腹の問題だが、ものを食べるというのは俺の問題だ。食べるかどうかはお腹が決めるんじゃなくて、俺が決めることだ。」と。

  先日、そのE子に会ったので、「今度HPにあんたとK子の話を書くつもりだ」と言って、上記の話をした。すると、「痩せようとは思うのよ」とE子は言う。
 「痩せようと思って、食事の量を減らそうと決心したことは何度もあるさあ。明日からそうしようと思うわけさ。そしたら、今日が最後だからと、その日にたくさん食べるわけさあ。そんなことを繰り返している内に胃袋が大きくなったのさ。で、量がどんどん増えていったのよ。大きな胃がたくさん食べたいと望むんだよね。」とのこと。どうやら、食べものをどれだけ摂るかという決定権は彼女では無く、彼女の胃袋にあるようだ。
 「痩せようと思うたびに食事の量が増えるんだよね。太りたくない人は痩せようとするなって私は言いたいさあ。」とも彼女は言った。食事の量が増えて、その結果として体重が増えたのは彼女のせいでは無く、胃袋のせいみたいである。
          

 記:2008.4.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音02 カラスの声 | トップ | 瓦版058 酒豪のネコ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。