ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

吉の浦公園

2010年07月30日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 脱サラ農夫の友人Tは、日々の概ねは農作業に勤しんでいるが、彼と彼の仲間たちが共同経営している八百屋にも顔を出す。じつは、一年ほど前までは、彼が店にいる時間は多かった。今年の初め頃からだったか、彼の代わりに女性(オバサンだが)が店番を勤めることが多くなり、彼は今、ほとんど農作業に就いている。店番がオジサンからオバサンに代わったせいか、今、彼の店は以前に比べて客がずっと多い。Tは愛嬌があり、若い頃はたいそう女性にモテ、オジサンになってからも子供に好かれ、男性にも好印象を持たれている。それでもやはり、男よりは女の方が店番には向いているようである。

  吉の浦公園はTの店から真東へ行った吉の浦海岸にある。真東へ行く道は無いので少々回り道をするが、それでも車で2、3分ほどの道のり。吉の浦公園には海岸植物が多く植えられ、また自生の植物も多くあり、海鳥や昆虫も多く見られるので、それらの写真を撮りに、Tの店に行った際(月に2回ほど)は、たびたび訪れている。
 吉の浦公園についての資料が無い。中城村役場のホームページも見たが、詳しいことは書いていなかった。沖縄のことならほとんどのことが載っていて、私が大いに頼りにしている『沖縄大百科事典』にもその記載は無い。吉の浦公園は新しい公園で、『沖縄大百科事典』は1983年の発行なので、編纂時に間に合わなかったのであろう。
  吉の浦公園が(比較的)新しい公園というのは、資料は無いが根拠はある。その建設中の時に私はその現場に行っている。吉の浦公園の建設の一部に携わったのである。はっきりとした年は言えない(日記を調べれば判るが、調べるのが面倒)が、20年ほど前である。20年前は1990年、『沖縄大百科事典』よりずっと後になる。

 資料が無いということで、以下の記述は私が見て、知った範囲のこと。

 場所は中城村安里(友人Tからの情報)
 陸上競技場、野球場、テニスコート、体育館などの運動施設がある
 泳いでいる人を見たことは無いが、海水浴場がある。
 遊歩道があり、ジョギングができる。ジョガーはたびたび見かける。
 シーソー、ブランコなどの遊具施設がある。
 展望台があり、太平洋を悠々と眺めることができる。
 芝生広場があり、家族連れでピクニックもできる。
 100台は停められる駐車場がある。
 陸上競技場と野球場との間に小さな川が流れている。

 その他、私は確認していないが、園内の案内看板にはプールもある。
  このHPの動物の頁で既に紹介済みのオカヤドカリ、それが生息しているということでも有名・・・かどうか、少なくとも私は一度も目撃していない。ただ、工事に携わっている時、役所の人から「オカヤドカリの生息地である」と聞いた。
 海水浴場は白い砂浜が広がっていてきれい。他所から砂を運んで作った人工ビーチだ。泳ぐのに不都合は無いと思うが、海水浴客を私は見たことが無い。たまたま、私が訪れた日と、人々が泳ぎたい日が一致していなかったのかもしれない。
 海水浴場を南に行っても北に行っても、海岸は砂浜は減り、岩場が多くなる。その岩場で海鳥に出会うことが多い。岩場のごく浅瀬にはトビハゼがいる。

 真夏でなければ散歩するのに楽しい場所。真夏であっても私は散歩することがある。汗をダラダラかきながらだが、動植物の写真を撮っている。海鳥の数種、海浜植物はスナヅル、イボタクサギ、イソフジなどたくさん、トビハゼもここで撮っている。
     
     
     
     

 記:2010.7.22 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の想い | トップ | 踏まれたり蹴られたり »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。