ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

頂いた命への感謝

2016年02月26日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私は宗教を学問として捉える限りであれば宗教に興味を持っているが、宗教そのものについては興味がない。何かの宗教の信者になろうとはちっとも思わない。学問として捉える限りであれば興味を持っている宗教なので、宗教関係者に話しかけられたら、その時暇であれば話を聞く。そういった機会はこれまでに何度もあった。その経験から私は宗教を嫌っている。それは、宗教の性質である価値観の統一に対する嫌悪感である。
 「私達が正しいと信じていることを貴方にも伝えたい」までは聞く。「貴方にも目覚めて欲しい、貴方を救いたい」などと来たら、「急いでいるから、じゃあ」と言ってサヨナラする。口では優しく断っているが、心の中では「煩ぇ奴らだ」と思っている。
 中国共産党じゃあるまいし、北の太っちょじゃあるまいし、自分の価値観を押し付けるなんてのは人の感性(命と言い換えてもいい)を軽んじる傲慢だと思う。

 そんな私が、日曜日(21日)、あるキリスト教の教会で行われた講演会へ出かけた。講演のタイトルは「創造された技術/恐竜のなぞ」、語られた時の順序はその逆で「恐竜のなぞ」が先。私が聴いて、私なりに理解した範囲で、その内容を大雑把に言えば、
 恐竜は6500万年前に絶滅したと言われているが、それ以後もいた、遺跡に恐竜の絵があり、恐竜の血管が化石と共に見つかったり、そして、聖書に恐竜の記載がある。
 現在の技術には自然の技術を真似たものが多くある。自然の技術は神の創造による。
 進化論は、それを証明する確かな証拠が無く推測に過ぎない。
 などといったことで、つまりは、進化論の否定、聖書の肯定を言いたいようであった。聖書にあるように、天地創造があって、アダムとエバが創造されて・・・といったこと。ちなみに、アダムとイブのイブは英語読みで、ラテン語読みだとエバと言うらしい。

 進化論は元より「これが絶対正しい」というものでは無く、相対性理論と同じように科学的論考による1説に過ぎない。「証拠が無く推測に過ぎないから正しくない」というのは当らない。そういうのであれば、「神や天国の存在の証拠は何がある?」と私は思うのだが、「自然は人間の真似のできない不思議が多くある。それらは自然にできたものではなく、誰かの手によって創造されたとしか考えられない」ということらしい。
 神が一人でこの世に存在する生物の全てをデザインし組み立てたと考えるより、ある種の生命が変異を繰り返しつつ多様化したと考える方が、私は自然だと思う。
          

 私は、神が人間を造ったのではなく、人間が神を造ったと考えている。人間が生きる上で神という存在が必要であったと思っている。何故必要だったのかについて私は少々興味がある。神がいなければ争いが絶えない、神がいなければ自らの欲望の爆発を抑えきれない、神がいなければ闇や死の恐怖に耐えきれない、などといったことを考えている。
 たとえ、講演会の講和にあった通り、神がいて、天国や地獄があったとしても、それらは今私が生きていることとは関係ない。それらは死んでから考えれば良いこと。生きている間は生かされていることに感謝し、できるだけ楽しく生きればよい。楽しく生きる、それが頂いた命に対する私の感謝の形だ。せっかく才色兼備のH女が誘ってくれた講演会であったが、申し訳ないのだが、私は退屈であった。途中から瞑想していた。
          

 記:2016.2.26 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抜かりないオジサン | トップ | 風力発電作り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。