ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

波瀾一万一丈

2010年11月05日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 先々週、銀行が求める債務相続手続き書類の全てを提出し終え、これで面倒事の大方が片付いたと思い、「はーれたそらー、そーよぐかぜー」と鼻歌も出て、私はすっきり爽やかな気分に浸っていた。そして、先週火曜日に、銀行から電話があった。
 「明日、債務相続手続きの最終処理をしたいのですが?」
 「そうですか、とうとう終わりますか。でも、明日は仕事なので、木曜日にします。」
 「すみません、木曜日は私の都合が悪いのですが?」
 「なら、金曜日にしましょう。午前中、10時に伺います。」
なんて話になって、木曜日、再び銀行からの電話。
 「すみません、債務相続手続きの最終処理は明日の予定でしたが、書類の一部に不備があるようなので、明日はできそうもないです。」
 「不備って?」
 「すみません、それがまだはっきりしないので、明日また連絡します。」
とのことで、翌日金曜日の夕方、三度(みたび)の電話。
  「すみません、登記移転手続きに足りないものがありました。抵当権の相続も必要でした。その手続きをやってもらわなければなりません。」
 「法務局へ行っての手続きってことですか?」
 「そういうことになります。」
 そういうことになりますってオメェ、登記移転手続きは面倒だったんだぞ、それをもう一回やれって言うのか!と怒鳴りたくなったが、口にはしない。何度も 「すみません」と言う銀行の若者も本当に悪いと思っているみたいなのである。それでも少し嫌味、
 「あー、一遍に気分が重くなってきたなぁ。」
 「すみません、これから説明に伺います。」
 「いいよ、ここは泊じゃなく石嶺です。私が月曜日にそっちへ行きます。」
          

 と、ここまでが先週の話。
 で、今週月曜日、銀行へ行く。約束の時間より少し早めに着いたので店内のソファーに座って待っていると、奥から、いつもの若者の上司が出てきて、「おはようございます。さー、どうぞこちらへ」と丁寧に奥の部屋に案内してくれた。今回は、その上司といつもの若者の二人で応対し、説明してくれた。おまけに、お茶も出た。さらに、帰る時は二人して出口まで御見送りもしてくれた。「いいよ、俺みたいな貧乏人にそんな丁寧な扱いをしなくても」と思いつつも、何だか金持ちになった気分、良い気分。
  ただ、良い気分になったのはその時だけで、銀行を出ると、「あーまた、法務局通いが始まるのか」と気分が下がる。しかし、それもまた、ほんの一時だけで、「なーに、どんな面倒だってやってやろうじゃないか」とすぐに持ち直す。
 じつは、前日の日曜日に、美女Sさんを飲みに誘った。快くOKを貰った。「二人っきりで」というわけにはいかなかったが、それはそれはもう、私は限りなく気分が上昇していたのである。なので、法務局通いの面倒も「やってやろうじゃないか」だった。
 日曜日の上機嫌の「上」は万丈(3万メートル)ほどの高さがあり、月曜日の下がり気分の「下」は、せいぜい一丈程度だ。今の私は「上」が一万倍も上回っている。
          

 記:2010.11.5 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命の洗濯期 | トップ | ソーメン生活 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。