ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヌーナトーガ

2017年04月28日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 ヌーは「何」の沖縄語読み。ナトーガはナトーンに疑問のガがくっついたもの。ナトーンは「成っている」という意。ということで、ヌーナトーガは「何になっているのか?」となり、概ねの意味としては「どうなっているの?」となる。
 同じく「どうなっているの?」の意味ではチャーナトーガも使う。チャーは「どう」という意味で、ヌーより和語の意味に近くなる。私は沖縄語の専門家でもなく、沖縄語に精通している素人でもないので、正しいかどうか自信はないのだが、チャーナトーガはより冷静的で、ヌーナトーガはより感情的なニュアンスを私は受ける。
 現場仕事でミスが起きた場合、冷静な現場監督は「チャーナトーガ?」と作業員に問いかけ、その対処策を考える。感情的な現場監督は「ヌーナトーガ!」と怒鳴る。といったニュアンスの違いを私は感じる。素人の私なのでそれが正確かどうかは不明。

 テレビ観ない、新聞読まない私だが、世間のニュースはラジオで聞いている。3月から4月半ばまで介護施設の運転手というバイトをしていて時間の余裕はなかったのだが、車のラジオでニュースは朝夕ともに聴いていた。そんな中で「チャーナトーガ?」、「ヌーナトーガ!」と思わず口から出るような、気になるニュースもあった。

 先ずは共謀罪、共謀罪って前にも審議されて廃案になったのでは?とおぼろげに記憶している。共謀罪が何とかいう名前に替えられて今、審議中とのこと。犯罪を計画し、それを実行しようと準備した段階で逮捕できるらしい。それって怖くない?という感想。
 それから、自衛隊による隠し事というニュース。はっきりとは覚えていないが、確か、スーダンだったかどこかの紛争地帯で活動する自衛隊が、その日報を隠匿したとかいうニュース。文民統制ができていないんじゃない?大丈夫か?という感想。

 共謀罪についての感想はまだある。先日、近所の先輩農夫Nさん(テレビでも新聞でもその類のニュースはよく観て、よく読んでいる人)とユンタクしていて、共謀罪の話になって、彼からいろいろ詳しい情報を頂いた。
 「オリンピックに向けてのテロ対策だそうだ。」
 「オリンピックって2020年でしょ、まだ早いでしょ、何で今なの?」
 「急いでいるのはたぶん、オリンピックだけじゃないからだろう。辺野古に反対する市民団体も取り締まれるようにという考えだろう。辺野古は急いでいるからな。」
 「あっ、そういえば今日のニュースで、街に設置する監視カメラを大幅に増設するというのがあったけれど、それも市民団体取り締まりに関連しているかもね。」
 「そうかもな。訳の分からない内に市民が逮捕されるなんてことがあるかも。」
     

 平和のために運動している市民が、本物のテロリストに話しかけられ、そうとは知らず親切に受け答えしているところを監視カメラに撮られ、ある日突然逮捕される。
 「ヌーナトーガ?」という言葉はそんな時に使える。ロシア、アメリカ、中国などケンカ好きの指導者が多い中、荒れ心臓総理も同じ種に見える。この先、共謀罪を強行採決して、辺野古新基地建設も強硬に進め、さらにヌースル(何する)つもりだろうか。
     

 記:2017.4.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4.28 コツコツの成果 | トップ | 北島角子 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。