ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ガンチョーユガマー

2014年01月10日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 2004年から2008年にかけて50曲ばかりの唄を私は作った。その間はほとんど毎日ギターを触り、時にはサンシン(三味線)も弾いた。それからしばらく経った2010年の年末に、稀代の美女(と私は思う)Sさんに振られた際、ギターをつま弾いて悲しい唄を数日歌い続けた。その後はまた暫らく遠ざかり、去年(2012年)3月、久々の新曲『今のちんぼーらー』を作曲する際にギターを使った。それからまた遠ざかって、それ以後、私は私の部屋にあるギターもサンシンも触っていない。
 唄を作るのは集中力を要する。1度ギターを手にしその作業を始めると2~3時間は集中している。一昨年は会社を辞め畑仕事を開始した忙しさで、去年は実家の売却に関わるあれこれの面倒事で、「唄を作ろう」という気持ちになれなかったのだ。
 昨日の夜、しばらく触っていなかったギターを手にした。またも女に振られ、悲しい唄を歌い、自らを慰めた・・・のでは無く、新曲を作ろうと思って。新曲はまだ完成はしていないが、内容はだいたい決まっている。ちゅら沖縄でも、素朴で優しいウチナーンチュでも無く、醜いウチナーや、困ったウチナーンチュを表現した唄。
          

 ウチナーンチュの多くは、青い空がどうの、碧い海がどうの、赤い花がどうの、あるいは、優しいとか素朴とか情が深い沖縄などという唄が好きである。それに反し、私の作った唄にはパチスロで借金する困ったウチナーンチュのことや、基地負担に困っている沖縄のことを歌った唄などであり、今回の新曲はさらに「困った」を突き詰めようと思っている。おそらく、ウチナーンチュの多くに支持されない唄となるであろう。
  そんな唄であるが、友人の天才ミュージシャンKは気に入ってくれて、バンドを作って私の唄を発表するつもりでいる。あいにく、そんな唄を気に入ってくれる若くて可愛くて歌唱力のある女子はなかなかいなくて、ボーカルのなり手がいないのが現状。
 Kも私も私の歌がヒットするとはほとんど予想していない。どころか、世に出ない可能性も十分にあると思っている。でも、しかしだ。「沖縄戦で日本軍のやった残虐行為を教科書に載せろ」といったふうに、「歴史は正しく教えねば」と言っているウチナーンチュが多くいる。であるならば、自分達の悪い所も歴史に残せ、と私は思うのだ。

  アメリカ軍は沖縄人の負傷者を保護し、老人子供に優しく接する者もいたらしい。日本軍の兵士にもそういった優しい人がいたであろう。それとはまた逆に、アメリカ兵には沖縄の婦女子をレイプするものも多かったらしい。日本の兵にもそういう者がいたであろうし、沖縄人にだって悪い奴は当然いる。ガマの中で泣く赤子を「敵に見つかる、赤子を殺せ!」と怒鳴ったのは日本軍兵士だけで無く、沖縄人もいたと聞いている。
 新曲の題は『ガンチョーユガマータンメー』。ガンチョーは眼鏡、ユガマーは歪んでいる、タンメーは爺さんという意。世の中を斜めに眺めている爺様の愚痴のようなもの。和語だと「何が平和だ、何が情深いだ、何が青い空だ、お前たちは昔自分がやったことを忘れたか、お前たちは被害者でしかないと思っているのか・・・」といった内容。
 念のため断わっておくが、そんな唄作っていても、私は沖縄が好きである。そんな唄を気に入ってくれている宮崎人Kもまた、沖縄が好きである。臭い所も苦い所も、惨めな所も全部ひっくるめて好きということである。同じように日本も好きである。
          

 記:2014.1.10 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕立てる果樹 | トップ | オシドリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。