ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

あんあんあん

2016年08月12日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 あんあんあん、ドラえもんの歌ではない。あん❤あん❤あん❤と書くと、女性のあの時の声になるがそれでもない。安杏餡と漢字表記して安全な杏の餡という意でもない。

 先日、別件で過去の日記を見ていたら、2013年8月8日に、今住んでいるアパートを管理している不動産屋へ行き、引っ越しについて相談している。その頃から私は引っ越しを考え、たぶん、「引っ越したいなぁ」という緩い決意でいたのだろう。私好みの厳しい条件、家賃が安く駐車場付き、部屋はワンルームか1Kのフローリングで、1階か2階の角部屋(窓が2方向に1つずつ)、畑から徒歩圏内といった条件を付けていた。しかしながら、そういった好条件のアパートは2年半近く探しても見つからなかった。
 そういった厳しい条件を全てクリアしたもので無ければ引っ越さなくていいや、という緩い決意は、しかし、今年になって「何としても引っ越さなければ」という強い決意となって、条件を大幅に緩和して、本気モードで新居となるアパート探しをしている。

 これまでに1軒の部屋を不動産会社に案内してもらい、3軒のアパートをその環境を知るために、自分で探して見に行った。その内の1軒は、家賃は3万6千円、畑からの距離が直線で1キロメートルほど、間取りは2DKで1部屋は和室だが他はフローリング、ということで、初め「ここにしようか」とまで一旦は思ったのだが、今は迷っている。
 後の2軒は、間取りはワンルームと1Kで満足なのだが、畑からの距離が直線で1キロメートルを少し超えるのと、何より家賃が4万1千円と4万2千円といことで躊躇している。それでもまだ却下の断定をせず、3軒共に迷っているのには理由がある。今度越す先は長くて5~6年、短ければ2~3年の仮住まいでいい、2~3年なら多少の不都合は構わぬと思っているから。向こう10年は、仮住まいの生活が続くと思っているから。
     

 生きていればの話だが、10年後、あるいはもう少し後、私は終の棲家を求めるつもりでいる。なので、それまでの私の住処はどこであれ仮住まいとなる。
 24坪ほどの土地に6坪ほどの小屋を建てそこに住む。残る18坪は駐車場や庭とし、建物の面積の割には広い(約2坪半)デッキを設けている。門から、あるいは駐車場からスロープを通ってデッキに上り、デッキから玄関に入る。車椅子でも家の中に入ることができるバリアフリーである。デッキに面して掃き出し窓もあり、部屋からの出入りもしやすい。気候の良い日、部屋にある長火鉢をデッキに出し、干物でも焼きながら酒を飲むためのデッキであり、夕暮れ時、椅子に座ってボンヤリ過ごすためのデッキ。また、人を呼んでバーベキューなどをする時にも使われる。なので、割と広くなっている。

 小屋はできるだけ庵の風情とし、名前を付け小さな看板を掲げる。看板に刻まれる文字は「安暗庵」。表題の「あんあんあん」とはこれのこと。
 安暗庵とは、広さ6坪程の木造トタン屋根ということで安っぽいという意の安、暗は、建物の周りには樹木が茂っていて陽があまり当らないという意の暗でもあるが、独居老人は社会的に暗いというイメージがあるのでその暗の意もある。そこで静かに暮らし、畑の野菜を肴に自家醸造の酒を飲む。そしていつか、1人静かに死ぬ。それが私の夢。
     

 記:2016.8.12 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.8.12 今年も1人墓掃除 | トップ | 料理三昧の日々 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。