ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

折々の花その1(春)

2011年01月06日 | 沖縄01自然風景季節

  私の実家は那覇市の市街地にあり、近辺の家々の多くが、敷地が狭く、庭らしい庭のある家は少ない。よって、周りに緑は少なく、実家はコンクリートとアスファルトに囲まれていると言っていい。そういった環境が私は好きでなかった。が、長い間、定職が無く貧乏だったため、独立することができず、実家に住まわざるを得なかったのであった。
 15年ほど前に定職を得て、何とか独立できるほどの収入を得られるようになって、今のアパートに移ることができた。ちなみに、独立できるほどの収入を得たといっても、余裕があるわけでは無い。”貧乏”が”やや貧乏”になっただけ。都心のマンショ ンどころか田舎のマンションも無理で、家賃3万円のボロアパートを選ぶしかなかった。

 話はちょっと逸れるが、「私は本当に貧乏か?」と思って、日本のサラリーマンの平均年収をインターネットで調べてみた。2005年度の統計データがあって、サラリーマンの平均年収は436万円とのこと。都道府県別の1位は東京都で601万円、沖縄は46位で343万円(最下位は青森で335万円)となっていた。46位沖縄の平均年収の、私は約6割ほどの年収しか無い。なので、貧乏と言っても差し支えなかろう。
 
 さて、「家賃3万円のボロアパート」は首里石嶺に所在する。首里石嶺は那覇市ではあるが、つい40年ほど前までは所々にサトウキビ畑が残っている田舎であった。今でもその田舎臭さが少し残っていて、近所にも昔名残の畑がいくつもある。また、田舎なので、家々の敷地が実家のある那覇の都心部に比べ広い。あるいは、敷地が狭くても樹木に対する愛着の深い人が多いのか、猫の額ほどの庭でも木を植えてある家が多い。なので、今の住まいの近辺は実家に比べて数倍も緑が多い環境となっている。
  貧乏オジサンのボロアパートには畑がある。6坪ほどの小さな畑だが大いに役立っている。そして、アパートの周りには緑が多い。駐車場周辺にはクロキ、ネズミモチ、オオムラサキシキブ、ヒカンザクラ、ニンニクカズラ、アリアケカズラ、シマグワ、テッポウユリなどがあり、私の部屋の隣は大家の庭となっているが、そこにはアカギ、ピンクダチュラ、ヤドリフカノキ、トベラ、カイエンナット、ハリツルマサキを見ることができる。

 このホームページを開設して3年と8ヶ月になる。この間、500種近くの植物を紹介してきた。紹介 はしているが、しかし、それらの多くは自分の目でじっくり観察しての紹介では無く、文献から得た知識に頼っているので、名前については500種の内、8割方は記憶に残っているが、個々の性質については、逆にその8割方を忘れている。
 ところがである。名前だけでも記憶に残っていることが、少々心の余裕になっているみたいで、この頃は、花の咲く時期について気を留めるようになった。私は常々、将来は風流を解するオジーになりたいと願っているので、それは嬉しい事である。
 「おー、もうトベラの咲く季節になったか、虫たちの季節になったんだな。」などと、杖をついて、花を 見上げながら独り言を言うのだ。カッコイイと思う。

 3月になって、トベラの花が咲き、その周りをハチが飛び回るようになった。4月にはネズミモチの花も咲いて、そこにも虫たちが集まった。同じ頃、職場のサンゴジュの花が満開になって甘い香りを漂わせた。5月には部屋のベッドの傍の窓からさらに甘い匂いが漂ってきた。ピンクダチュラがたくさんの花を咲かせていた。ゲットウやテッポウユリも良い香りを放つ。5月の晴れた日、それらの白い花が、太陽の下で輝いていた。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 記:ガジ丸 2008.6.1 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然の音楽 | トップ | 無印上質(感性の良い飲み屋) »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。