ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

れむれない夜

2015年08月21日 | ガジ丸通信-科学・空想

 今年は畑をほとんど休んでいない。正月明けてから畑へ行かなかったのは2回か3回あったかどうかだ。「2回か3回あったかどうか」の2回は最近のこと。今月7日、台風12号がやってくるとの予報があった日、その日は家から出なかった。
 雨の日も畑へ出ていて、ちょっとした雨なら小屋のテント下で大工仕事(台風対策にもなる物置作りなど)をやっている。雨が上がれば畑仕事、やることはいっぱいある。除草や秋播き作物のための畝準備など。雨で休んだのは今週日曜日(16日)が今年初。夜中からの大雨が朝も少し引き摺って、「今日は無理だな」と判断し、一日休んだ。
 畑仕事を始めた頃、「週に1日は休めと神様も仰っているから週休一日にしよう」と思っていたのだが、なかなか休めない。機械を使わず手作業でやっているからそうなる。作業はいつも間に合っていない。そんなわけで、夏は午前中で畑を切り上げる予定であったが、早い時でも1時過ぎ、遅い時は4時過ぎまで働いている。晴れた日は午前7時から暑い、9時を過ぎると糞暑くなり、10時を過ぎると激しく糞暑い。その後の暑さはどう表現しよう・・・地獄(行ったこと無いけど)の暑さとでも言っておこうか。
          

 家に帰ると窓を開け放し、窓の傍に置いてある扇風機をONにし、弱風から強風へ切り替え、台所の換気扇を回し、外の空気が室内を流れるようにする。それでも、それから数時間後の夜になっても、気温は30度を超えている。西日に温められたコンクリートの輻射熱のせいだ。真夏の太陽光線がいかに強烈であるかを証明している。
 一晩中窓は開け放しだが、寝る前には扇風機の強さを強風から弱風へ切り替え、向きも体から少し離す。クーラーは使わない主義の私はそういう環境で夏の夜を過ごしている。それでも、少なくとも寝付きはいい。一旦は寝る。けれど、暑くて寝苦しくて夜中何度か目が覚める。目が覚める直前はたいてい夢を見ている。なので、一晩でいくつかの夢を私は見ている。「眠りが浅いんだな、これでは十分な睡眠をとっているとは言えないな、健康にも悪影響があるんじゃないかな?」と心配になって、ちょっと調べてみた。
 レム睡眠とノンレム睡眠があるということは知っていた。広辞苑にも載っており、レム睡眠とは「急速眼球運動の見られる睡眠。一夜に4~5回出現・・・夢を見ている時にほぼ対応」で、ノンレム睡眠は徐波睡眠という名で載っていて、「ゆるやかな振動数の脳波が現れる睡眠。レム睡眠以外の睡眠。成人では一夜の睡眠の約80パーセントを占める」のこと。私の夢は「一夜に4~5回出現」なので、私の睡眠は普通だと言える。

 先週土曜日(15日)の夜、台風13号の影響がまだ残っていたのか、部屋は北向きの窓からの涼しい風が流れ込んで、いつもの暑さでは無かった。お陰さまで私はぐっすり眠ることができて、夜中目を覚ますことも無く、翌朝目覚めた時、(4~5回は見てはいるはずの)夢をちっとも覚えていなかった。久々にレムを感じない夜であった。
 思えば、若い頃はもちろん、40過ぎたオジサンになっても、肉体労働をして、家に帰ってシャワーを浴びて、酒飲んで寝た時、その日が寝苦しい夜で無ければぐっすり睡眠だった。夢を覚えていないレムを感じないままの睡眠は、翌朝の目覚めも気持ち良い。「寝たぞー」という満足感がある。ぐっすり眠ることのできた夜を「れむれない夜」と私は呼ぶことにした。私の夢は概ね楽しい、その夢を覚えていないのは残念な気もするが。
          

 記:2015.8.21 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.8.21勝利を望んだ訳 | トップ | 果実酒3 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。