ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

コンビーフ

2011年02月25日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 濃い缶詰

 コンビーフは「牛肉に食塩と微量の硝石とをすりこみ、しばらく冷蔵したのち、蒸し煮して、殺菌・加熱したもの。多くは缶詰」(広辞苑)とのこと。「多くは缶詰」とあるとおり、私も缶詰以外では見たことが無い。倭国ではどうか知らないが、アメリカ占領下にあった沖縄では馴染みの深い缶詰。アメリカ産か、もしくはアメリカ軍経由のオランダ産の缶詰(調べたら、ブラジル産であった)。いずれにせよ、アメリカの食文化だ。
  子供の頃、「コンビーフ買ってきて」と母にお使いに出されたことを覚えている。コンビーフの缶詰は、近所の小さなマチヤグヮー(商店)にも置いてあった。それほどウチナーンチュには日常的な食い物。沖縄に根付いたアメリカの食文化の一つ。

 「コンビーフ買ってきて」と言われ、間違ってコンビーフハッシュを買ってきて、怒られた覚えもある。子供には、コンビーフとコンビーフハッシュの違いがよく分からなかった。缶詰の外観はまるっきり違う。コンビーフハッシュは円筒形で、コンビーフは上部がやや広がった直方体。パッケージのデザ インも全く異なり、コンビーフハッシュは目立つデザインではないが、コンビーフの表には牛の絵が書かれてある。見た目大きく違うのに混同するのは、名前が似ているからに他ならない。
 両者ともほぼ同じ料理に使う。よって、違うものを買ってきたとしても、母も激しくは怒らない。「しょうがないねぇこの子は、人の言うことちゃんと聞かないからsぁ」と、溜息をつきながら怒る感じ。あー、そうなのであった。私は「人の言うことをちゃんと聞かない」少年だった。コンビーフハッシュと言うのを、最初のコンビーフだけできっと、牛の顔が描かれた缶詰を思い浮かべたのだろう。ちなみに、オジサンとなった今は、人の言うことをちゃんと聞いている・・・と思う。他人の評価は知らないが。

  コンビーフハッシュについては既に、2005年12月に紹介している。ちょっと補足すると、その記事の中で「ウチナーンチュはコンビーフハッシュとコンビーフを使い分けて料理する」と書いたが、料理は概ねチャンプルーであって、肉の代用という意味では両者変わらない。ただ、味が、コンビーフハッシュは牛肉の味が薄く、コンビーフは強いという違いがあり、肉を前面に出すか、裏方に回すかの使い分けになると思う。
 同記事にはまた、「コンビーフは、沖縄ではあまりメジャーでは無い。コンビーフというとコンビーフハッシュを指す場合が多いと思われる。」とも書い たが、確かに今でも、コンビーフハッシュはどこでも見かけるが、コンビーフは少ない。コンビーフは味が強いので、使い勝手が悪いのだと思われる。私も使わない。この記事を書くために購入し、料理もしたが、おそらく、ここ30年くらい口にしていなかったと思う。
 コンビーフハッシュのビーフは挽き肉だが、コンビーフのビーフは小さな千切り肉といった感じ。ハッシュはジャガイモも入っていて、それも相まって肉の味が薄く感じる。コンビーフはいかにも肉と感じる。肉好きにはモテルかもしれない。
      
      
 コンビーフ(corned beef):主に缶詰
 コンビーフは広辞苑にcorned beefとあり、英語とのこと。ビーフはビフテキ、ビーフシチュー、ローストビーフなどでお馴染みのビーフ、和語では牛肉。コンのcornedは同じく広辞苑に「塩漬けの」という意味の形容詞とのこと。英語は得意では無いが、より正確な読み方はコーンドゥビーフだと思われる。言いやすくしてコンビーフなのであろう。
 cornedには「塩漬けの」という意味があるが、コンビーフは「牛肉に食塩と微量の硝石とをすりこみ、しばらく冷蔵したのち、蒸し煮して、殺菌・加熱したもの。多くは缶詰」(広辞苑)とのこと。「多くは缶詰」とあるが、缶詰以外で私は見たことが無い。
      
      
 記:2011.1.27 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アヒル料理 | トップ | 現実的ゲーム »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。