ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アンチエイジング

2008年02月22日 | ガジ丸通信-科学・空想

 父にパソコンを教えている。知人や友人のところへも教えに行ったりしているので、毎週というわけにはいかないが、月に2、3回は実家へ行き、1時間ほどやっている
 父のパソコン学習は昨年の6月からだ。「これが一番大事」と、パソコンの終わらせ方を最初に教え、しつこく教えた。「解った、解った、もう覚えた。」と、その時父は言うのだが、翌週にはもう忘れていた。
 「どうやって消すの?」と訊くと、
 「はっせ、簡単さあ。」と言って、父は電源ボタンを押そうとする。なるほど、確かにそれだと簡単に終わらせることができる。テレビやクーラーも点けたり消したりは同じボタンを押す。父にとっては、それと同じ感覚なのであろう。
 「パソコンを壊さないためには終わらせ方が大事だから」と、私はその後も、ワードで文章を書く練習をさせながら、毎回毎回しつこく、終わらせ方を教えた。その努力が実ったようで、今年になってからは、言わなくてもちゃんと終わらせることができるようになった。で、ここ1ヶ月余は、終わらせ方をしつこく教えることは無くなった。

 先週土曜日、実家へ行って、「パソコンやろうか?」と父を促すと、
 「パソコン、おかしくなってるなあ。」と言う。スイッチを押しても、いつもの画面になる前に、すぐに暗くなってしまうと言う。やってみる。確かに父の言う通り、いったん電源は入るのだが、ウインドウズ画面になる前に画面が消える。VIOSも動かない。あれこれやって、何とかセーフモードを立ち上げて、システムのエラーチェックなどして、通常のウインドウズを立ち上げる。そして、ハードのエラーチェックをする。
 ハードのエラーチェックは2時間近くかかった。終わった後にメッセージが出た。「ハードに修復不可能なエラーが1箇所ある。電源の何たらが異常だった可能性がある。」というようなことが書かれてあった。「ほほう、雷による破損みたいなものか。」と思ったが、最近、雷は無い。「パソコンを終わらせるのにプラグを抜いたりしたんだな。」と想像できた。「終わらせ方が不味かったんだよ」と父に言い、「教えた通りの方法で、このパソコンを終わらせてみて。」と要請する。父は、それを全く覚えていなかった。
          
 
 アンチエイジングが流行りみたいだが、それは主に外見のことを言っていて、世の女性達はそれに狂奔しているようだが、見た目など・・・、と思う。もちろん、見た目などどうでも良いとまでは思わないが、一番大事なことではなかろう。
 白髪頭でよかろう、禿げていてもよかろう、皺だらけでも、老班だらけでもよかろう、私はそれらを甘んじて受ける用意がある。その替わり、といっては厚かましのかもしれないが、できれば、脳のアンチエイジングを望みたい。
 がしかし、その希望が叶えられるかどうかは非常に危うい。私の脳味噌は着実に老 化しているようで、この頃物忘れがひどいし、醤油とポン酢を間違えておかしな味の料理を作ったりするし、車のドアに額をぶつけたり、運動感覚も鈍ってきている。見た目もオジサンだし、一兎を追うもの一兎も得ずになりそうだ。

 外見のアンチエイジングと言えば、「由美かおるは、私が子供の頃から由美かおるだった。」と、ふと思い出した。あの人の若さには恐れ入る。関係ないけど。
          

 記:2008.1.18 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親分が逝った | トップ | ミャンマーかビルマか »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。