ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

カード社会

2008年03月14日 | ガジ丸通信-社会・生活

 近所にスーパーが4店あり、そのうちの3店へは週に1回、残りの1店には月に1回程度買い物に行っている。金曜日の職場の近くにもスーパーが2店あり、そのうちの1店には週に1回、残りの1店には月に1回程度買い物に行っている。
 それら6店舗はそれぞれ違う会社である。しかし、どのスーパーへ行っても、レジで清算する時カードの有無を訊かれる。「○○カードはお持ちですか?」と。この○○にはそれぞれのカードの名前が入る。私はどのカードも持っていない。カードで財布が太るのが嫌(お金で太ったことは無いのにさ)だからだ。出すのも面倒だし。

 私の財布には既に、常時5枚のカードが入っている。銀行のキャッシュカードとクレジットカード、市役所の市民カード、図書館の貸し出しカード、そして電気店のポイントカードである。私は2つの銀行に口座を持っているが、1つの口座はもう10年ばかり利用していない。常時携帯するカードを減らすためである。
 もうしばらくしたら、常時携帯のカードは4枚に減る。電気店のカードを処分することにした。電気店では大きな買い物をすることが多いということからポイントカードを作ったのだが、カードを作って約10年、その間、テレビ、冷蔵庫、ビデオデッキ、オーディオ、洗濯機などなどを買っているが、1度もポイントを利用していない。ポイントがいくら溜まっているのか、いつ消滅するのか、ポイントで何ができるのかずっと不明だったので、使いようがなかったのである。無駄なことをしてきたのである。

 話はちょっと逸れるが、実家を出て今のアパートに越してから14年になる。住所変更を知らせていなかったので、その電気店とクレジットカード会社と出身大学からの私宛の手紙はずっと実家へ届いていた。で、先週、クレジットカード会社と出身大学へはインターネットで、そのHPから住所変更を行った。15分で手続きは終了した。
 電気店もそうしようとそのHPを覗いたが、そういったページが無い。で、メールで問い合わせる。翌日になって返事があった。「店まで来てください」だった。
 そのメールにはついでに、ポイント数を知るにはどうしたらいいかということも訊いていた。これもまた、「店まで来てください」だった。面倒なカードなのである。というわけで、その電気店のカードは処分しようと思ったのである。

  そういうことで、近いうちに私の財布からカードが1枚減る予定だが、7月にはまた、1枚増えることになりそうだ。増えるのは、タスポというカードである。自動販売機で煙草を買う際には、そのカードが無ければ買えなくなるというのだ。
 まったく何でもかんでもカードカードと面倒な社会となってしまった。できれば、1枚のカードで銀行も図書館も電気店やスーパーの買い物も、そして、煙草の自動販売機も使えるようにしてもらえないだろうか。お金を入れるための私の財布だが、お金では太らない財布である。それを、カードで太らせたんでは可哀想だ。財布も私も。
          

 記:2008.3.14 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発明023 ハンナギヒンナギ | トップ | 少数派にも五分の魂 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。