ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

食っていける一式

2012年08月17日 | ガジ丸通信-社会・生活

 便所座りという言葉はもう死語であろうか、和式の便所に座る格好のことだが、コンビニ前で不良たちが煙草を吸う時の格好でもある。ウチナーグチ(沖縄口)ではトゥンタッチーと言う。トゥンは「鶏の」、タッチーは「立ち方」という意味。
  なっぴばると名付けた仮に借りている300坪の畑は、放置されて半年以上が経っており、地面が見えない程に雑草が茂っていた。それをトゥンタッチーして、鎌を使ってコツコツと手作業で刈り取っている。経験のある方はご存知だと思うが、トゥンタッチーは腰への負担が大きい。1時間もその格好でいた後、立ち上がって腰を伸ばした時には思わず「痛っ!」と声が、あるいは「うー」とうめき声が出るほどの痛みが腰に走る。
 300坪に蔓延った雑草の刈り取り作業を本格的に始めたのは7月16日なので、昨日で丸一ヶ月が過ぎたことになる。その間、一日(アルバイトがあった)を除いて毎日出勤している。その内、三日間(台風や小屋材料運びなど)を除いては朝6時出勤している。我ながら頑張っていると思う。暑さと腰の痛さによー耐えていると思う。

  300坪の草刈りは今週火曜日(14日)で一通り終わった。延べにして約90時間を費やした。草刈り機を使えばおそらく2~3日、時間にして10時間ほどで済んだのではないかと思われる。知人のGさんや元同僚のMからも「草刈り機あるよ、貸すよ、300坪を手作業では大変さぁ」と有難い申し出があったが、お断わりした。
 「機械を使わず手作業」には理由がある。当初の草の繁った状態でも前の小作人が植えた背の高いグヮバ、パパイア、アセローラなどが外から見え、中に入ると、ウコン、パッションフルーツ、甘藷などが見え、草を掻き分けるとバジル、ニガナ、ニラ、シマラッキョウ、サクナ、ゴーヤーなどが顔を出し、甘藷はあちらこちらに植えられていた。機械だとそれらも一緒に刈り取ってしまう恐れがあったからだ。
          
          

 300坪を一人で手作業は草刈りだけでなく、草刈り後の耕す作業も耕運機を使わず鍬を使っての手作業の予定である。「機械を使わない」は機械の賃料を使わない、燃料代も使わない、つまり「お金を使わない」ということになる。
 「手作業で」の他にも「こういうやり方で行こう」と決めていることがある。肥料は購入せず、畑に勝手に生える雑草を土の上に被せ、勝手に腐らせて肥料にする。大宜味村の有機農家から教えて貰った堆肥作りも、そのために必要な材料を購入せず、さっき述べたように畑に勝手に生える雑草を用いるだけ。「お金を使わない」ため。
 「既にある作物を刈り取ってしまわないように」と「お金を使わない」といった理由で手作業をしているのだが、もう一つ、「これができたら、ひょっとしてこうなるのでは」という理由もある。それは、大それた理由といってもいいのだが。

 「鍬と鎌と、芋の数個と野菜の種があれば体一つで作物を得ることができる」ということは、世界のどこか、農地として役に立つ土壌があり作物の育つ気候であれば、世界のどこでもその一式があれば、体一つで食っていけることになる。
 さらに言えば、「鎌と鍬と、芋の数個と野菜の種」を飢えに苦しんでいる国の人々に送れば、彼らは食物を得ることができるのではないか、と、これが大それた理由。
          

 記:2012.8.17 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海のチンボーラー | トップ | 島燃ゆ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。