ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

慶良間2阿嘉島・慶留間島

2010年10月08日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 先々週の渡嘉敷島の話は2003年6月に訪れた際の事を書いているが、その時の同行者は鹿児島在の友人NH、オジサン二人慶良間の旅であった。先々週金曜日(24日)土曜日の一泊二日の旅は、NHと同じく大学時代の友人、埼玉在のKRと宮崎在のIYとのオジサン三人旅となった。たまには美女と二人で、と思うのだが、夢の話だ。

 さて、オジサン三人慶良間の旅の始まりは泊港から。KRもIYも私も前夜は私の実家に泊っていた。実家は那覇市泊にある。泊港へは徒歩5分の距離、船は10時の出港、なので、前夜深酒していても、ゆっくり間に合う。何しろ、オジサン三人はオジーと呼ばれる日も近い。私は寝坊の方だが、それでも7時には目が覚める。他の二人は老人性早起き症らしく、私よりずっと早く起きる。朝はのんびり過ごし、9時に泊港へ。
  乗船手続きなどして、9時40分、フェリー座間味に乗る。高速艇は満席とのことであったが、フェリーはさほど混んでいない。デッキのベンチにゆったりと座り、船が港を出ると、さっそく、家から持ってきたビールを飲む。三人で二缶ずつ。
 前夜の飲み会は、宮崎出身沖縄在の、同じく大学時代の友人KYも一緒だった。船酔いするらしいKRとIYを「慶良間の船は揺れるぜ」と彼が脅す。私はあまり船酔いをしない。船に乗るとビールを飲む癖があり、ビールのお陰で船酔いしないのかもしれないと思う。で、二人にもビールを勧めたわけ。そのビールのお陰かどうか、あるいは、KYが脅すほど船が揺れなかったせいか、二人は何事も無く、阿嘉島までの船旅を終えた。

  港の待合室に荷物預り所があって、そこへ行く。ところが誰もいない。隣のパーラーのお姉ちゃんに訊くと、「船が港にいる間はいない」とのこと。我々の乗ってきたフェリーは、人や荷物を降ろし、新たな人や荷物を乗せた後、座間味島へ向かう。待合室の荷物預り所の係員は、船の荷物の積み降ろしの仕事も兼ねているのであろう。
 しばらく待って、係員がやってきたので、荷物を預け、阿嘉島散策へと向かう。今回はじつは、阿嘉島よりも慶留間島に私は興味があった。友人の息子K1の恋人が慶留間島の出身で、一年ほど前だったか彼女を紹介された時、出身が慶留間だと聞かされた。初めて聞くその名前に、ゲルマンとかゲルマニウムとかの言葉を浮かべつつ、「ゲルマ?ってどこ?慶良間の一つ?」と訊く。そう、ゲルマからはケラマという言葉も連想できる。
 慶留間島をインターネットで調べた際、ケラマジカが多く生息している島であることを知った。で、今回の旅のテーマを「2010年ケラマジカに会いに行こう旅」とし、そのようなスケジュールを組んだ・・・つもりであった・・・のだが。

 阿嘉島をざっと散策して、阿嘉大橋を渡って慶留間島も一回りというのが私の計画。部落の中にある食堂で昼飯を食って、先ずは阿嘉島散策へ、いざ出発。
 部落を出るとそこからはもう山道、右も左も前も後も緑ばっかりだ。散歩が趣味の私はそれだけで楽しい。ところが、散歩を趣味としていないKRとIYはあまり楽しくなかったらしく、15分程山道を登って最初の展望台に着いたら、そこで二人はリタイヤした。思えば彼らは、仕事で疲れた体を休めに来たのだ。彼らは散歩を趣味としていない。趣味でも無いのに疲れることをやる必要は無いのである。のんびりしたらいいのだ。で、私は二人を残して、一人で散策を続ける。じつは、一人の方が都合がいいのだ。虫の写真を撮る時、気配を消して近付くことができる。また、阿嘉島にもケラマジカが生息している。もしかしたら森の中で出会えるかもしれない。一人の方が警戒されずに済む。
     
     
     

  山道をひたすら歩いた。途中、ヲ、ヲー、ヲーヲという牛のモーに近い音で、抑揚のある鳴き声が聞こえた。鳥でも虫でも無い獣の鳴き声だ。「ここにはケラマジカ以外獣はいないはず」と、鳴き声のする方向にそっと近付いて、座って、カメラを構え、声のする方を眺める。声は、3分置きくらいに同じメロディーで聞こえてくる。じっと耳を澄ませていると、別の方角からも同じ声が聞こえた。最初の場所に10分ほど、別の場所にも10分ほどいて、じっと待ってみたが、どちらにも獣の姿を見ることはできなかった。
 ケラマジカは慶留間で探すことにしようと諦めて、散策を続ける。三人で登った場所以外の2個所の展望台に登った。展望台から眺める景色は、切り立った岸壁と緑、海と空が広がっていた。慶良間諸島は小さな島々だが、雄大な景色であった。

  散策をなおも続ける。小さな島だからと高を括って地図を持たなかった、または、地図を予め確認しなかったのが失敗だった。私は、私の歩いている道が島をぐるっと回って、そのまま歩いていけばそのうち港へ着くだろうと思いこんでいた。違った。
 道は島を横断していた。道の終点は港とは真逆の浜辺であった。17時には座間味島への船が出る。時刻は15時45分、来た道を戻って港へ1時間チョイで行かねばならぬ。山越えの道、半分は上り坂だ、そこを都会のサラリーマンのような早さで急いだ。
 ビールジョッキ3杯分くらいの汗をかいて、17時15分前に何とか港へ到着。KRとIYは港の待合室で酒を飲んでいた。ダイビングをする若い客が多い中、昼間っから泡盛を飲んでいるオッサン二人の席は、何だかとても違和感があった。

  というわけで、結局、慶留間島へは一歩も踏み入れることができなかった。阿嘉島へは若い頃、少なくとも1度は行っているが、慶留間島は無い。まだ行ったことの無い島であるという点でも、今回ぜひ行きたかった。また、ケラマジカも阿嘉島よりは慶留間島の方に多くいて、出会える可能性も高いと聞いていたので、それも加えて残念であった。

 座間味行きの船、17時発は高速艇。阿嘉島と座間味島は目と鼻の先、10分ほどで着く。この日の宿は座間味島。宿に着いて、さっそくビール。2万歩以上歩いて疲れた私の体にビールがしっくりと染み渡っていった。座間味島の話は次回。

 さて、阿嘉島・慶留間島のデータ。座間味村のHPから抜粋。

 阿嘉島 
 那覇の泊港から船が2種、高速艇とフェリーが出ている。
 フェリーは90分、高速艇は50分で阿嘉港に着く。
 面積は 3.07平方キロメートル
 人口は2007年現在 311人
 その他詳細は座間味村HPに記載があるので、そこを参考に。

 慶留間島 
 阿嘉島と阿嘉大橋で繋がっている。
 面積は 1.69平方キロメートル(外地島含む)
 人口は2007年現在 75人
 外地島とも橋で繋がっており、外地島にはケラマ空港がある。
     

 記:2010.9.29 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルコール性肩凝り | トップ | 慶良間3座間味島 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。