ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

無印上質(感性の良い飲み屋)

2011年01月06日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 概ね週休三日制だった休肝日を、5月の中頃から週休二日制に変更した。朝、鳥の声が煩くて5時に起こされるという話を前に書いたが、金曜から月曜の朝はそういうことが少なくて、わりと遅い時間まで熟睡状態にあるということに気付いた。金曜から月曜の朝というのはつまり、休肝日で無い日の翌朝である。酒を飲めば熟睡して、朝、鳥の声が煩くても起こされずに済むということだ。というわけで週休二日。
  もう一つ、私の部屋のテレビは室内アンテナで、映りが悪い。8チャンネル(フジ系)がまあまあ観るに耐える状態、10チャンネル(TBS系)が何とか観るに耐える状態にある。それでもそれぞれ画面にざらつきはある。歳取るにつれて、ざらつくテレビを観ていると目が疲れるようになった。で、テレビを観る時間が少なくなった。
 しかしそれでも、水曜日の7時台の8チャンネルと、日曜日の7時台の10チャンネルはほぼ欠かさずに観ている。音楽を聴きながら酒を飲むことも多いが、テレビを観て馬鹿笑いしながら酒を飲むのは楽でいい。水曜日の8チャンネルは馬鹿笑い できる。酒を飲むのに良い環境となる。というわけで、休肝日が週休二日となった。

 などと、酒飲みの言い訳をする酒大好きオジサンなんだが、オジサンは、じつは、外へ飲みに行く機会は少ない。月1回の模合(相互扶助的飲み会)がある他は、職場で1、2回、高校の時のクラス会が1回、高校の飲み仲間の会が2、3回、義兄と1回、などが1年の間にそれぞれあり、不定期なものを含めても平均して月に2回も無い。
 そんな私なので、馴染みの店なんてのも持っていない。友人知人のやっている店が4軒あり、そこ は私の顔と名前を認知してくれて、「やあ、久しぶり。」などと声をかけてくれるが、その「久しぶり」も、一年とか半年ぶりなので、常連客とは言えない。
 女房も子供もいないオジサンは、独りボロアパートでチビチビやっている。外に飲みに行かないのは貧乏だからということもあるが、好きな音楽を聴きながら、あるいは、お笑い番組を観て馬鹿笑いしながら、屁をしたい時にし、鼻毛を抜きたい時に抜き、良い酔い加減になり、寝たい時に寝る、なんて気楽に飲んでいるのが好きなのである。

 そんな私だが、今年は既に職場の飲み会が2回、高校1年のクラス会、養老会という名前の高校の同級生が集まる新年会がそれぞれあり、それ以外の不定期な飲み会が6回あった。半年経たない内にもう1年分の飲み会回数となっている。
 不定期の飲み会が今年は特に増えているが、その内、1回は知人のGさんと首里で、1回は甥と実家の近くで、1回は金持ちのAさんをゲストに迎えて友人宅で、そして、残りの3回は、一緒に行った人は別々だが、場所は同じ飲み屋であった。
     
     
     
 その飲み屋は、4月の初めに美人妻のIさんに誘われて初めて行ったのだが、さすがIさんが紹介するだけあって、良い飲み屋であった。酒は上質のものを置いてあり、肴も、手作りの糠漬け、燻製など上質である。上質なのに値段は高くない。酒や肴に余計な付加価値は付けていないようだ。つまり、無印の上質というわけである。
 沖縄には、沖縄が好きになった倭人が多くいて、商売をやっている人も多いと聞く。その店も亭主は倭人、女房ともども、はるばる鳥取から来たとのこと。ジャズが静かに流れる店、10席ほどしかない小さな店、亭主も女将も店もまた、無印上質である。
     

 記:ガジ丸 2008.6.9 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折々の花その1(春) | トップ | 音楽の島 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。