ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キベリヒゲナガサシガメ

2011年06月03日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 丁寧な名前

 私の父は、トービーラー(ゴキブリ)、フェー(ハエ)、ガジャン(カ)など身近でよく見かける虫のことはそのウチナーグチ名で呼び、お陰で、私もそれらのウチナーグチを覚えることができたのだが、その他、野原や道端でないとあまり見かけないような虫、または、たまにしか家の中に入ってこないような虫は、イチムシ(動物全般のこと)とひっくるめて呼んでいた。さすがウチナーンチュなのである。大雑把なのである。
  父だけが大雑把なのでは無い。チョウやガのことをウチナーグチではひっくるめてハベルと呼び、トンボは、大き目のものをダーマー、小さめのものをアーケージェーとひっくるめて呼ぶ。和語のように、「あれはモンシロチョウだよ、あれはモンキチョウだよ、あれはアゲハチョウだよ。」とか、「あれはオニヤンマだよ、あれはギンヤンマだよ、あれはアキアカネだよ。」なんて識別しない。ウチナーンチュが大雑把なのである。

 キベリヒゲナガサシガメ、まあ、何とも丁寧な名前なのである。黄色いヘリ(縁)で、ヒゲ(触角)が長いということが、名前だけから察せられる。写真を見ると、その通りなのである。私の父ならば、「イチムシ」とひっくるめる存在であるのにさ。

 
 キベリヒゲナガサシガメ(黄縁髭長刺亀虫):半翅目の昆虫
 サシガメ科 琉球列島、台湾、フィリピン、ビルマなどに分布 方言名:不詳
 サシガメは、「カメムシ目サシガメ科の昆虫の総称」(広辞苑)で、本種はヘリ(縁)が黄色く、ヒゲ(触角)が長いことからキベリヒゲナガという名がつく。
 広辞苑に「(サシガメは)多くはほかの昆虫を捕えて吸血するが、人を刺す衛生害虫もある。」とあって、『沖縄昆虫野外観察図鑑』には本種の説明に「体に棘があり、刺されることがある」とあった。本種はサシガメの中でも「人を刺す衛生害虫」の部類だったのである。私はやたらに触ったりしないので、その危険からは免れた。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』にはまた、「サシガメ類には昼間活動するものと夜間活動するものがいるが、本種は昼間活動性」とあって、そのお陰で私に発見された。
 体長は12~13ミリ。沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島、台湾の他、フィリピン、ビルマなど東南アジアの熱帯域に生息する。成虫の出現は6月から1月。
 
 成虫2

 記:ガジ丸 2007.11.23 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビロウドサシガメ | トップ | チャバネアオカメムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。