ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

サキシマハマボウ

2017年07月17日 | 沖縄の草木:公園街路

 先週(2007年1月19日)、ケダマン見聞録『立ち裸ルカベ』を書いたが、『立ち裸ルカベ』は、元々は政治向きの話の予定であった。沖縄県民過半数の悲願である基地撤去は、日米安保が『立ちはだかる壁』となっている、という要旨であった。元より暢気な私の脳味噌は、タチハダカルカベが『立ち裸ルカベ』に変化してしまったのである。
 『立ち裸ルカベ』の中で、「裏の筋肉を鍛え」どーのこーのとあるが、「裏の筋肉」についての確かな知識を、実は、私は持っていない。ただ、筋肉は、強く固いよりも柔軟で粘り強い方が、「生き残る」という意味では有利であろうというイメージを持って「裏の筋肉」という言葉を使った。強く固いは剛堅(ごうけん)、柔軟で粘り強いは強靱(きょうじん)と表せるが、強靱は、「なかなか滅びませんぜ」という雰囲気を持っている。

 サキシマハマボウの幹や枝は、とても強靭には見えない。直径3センチ程度の枝なら人の手で簡単に折れそう(植物を愛する私はそんなことしないので、実際そうであるかどうかは不明)である。海岸近くに多く見られ、潮風に当たり、台風の暴風にも晒される。台風後、細い枝は折られているみたいだが、幹や太い枝は残っている。見た目よりもなかなか強靭な肉体の持ち主のようである。萌芽力も強いようで、台風で細い枝や葉っぱを落とし坊主になったとしても、すぐに枝が生え、葉が出る。
 ドラゴンボールZに出てくるピッコロ大魔王は再生能力を持っており、ほんの数秒で無くなった腕も元通りになるのだが、ああいう体こそ「生きる力」という意味では最も強靭な肉体と言えるだろう。よって、サキシマハマボウはやはり、強靭なのである。
 
 サキシマハマボウ(先島黄槿):公園
 アオイ科の常緑高木 原産分布は沖永良部以南、熱帯アジア 方言名:ヤマユーナ
 オオハマボウと全体の形、花の色形が似ていて、先島(宮古、八重山、与那国地方)に多く見られるからこの名があると思われる。ハマボウ(黄槿)はアオイ科の落葉低木で、ブッソウゲ、ムクゲなどと同じフヨウ(Hibiscus)属。オオハマボウも同じフヨウ属であるが、本種サキシマハマボウは別で、サキシマハマボウ(Thespesia)属である。
 「花はオオハマボウによく似る」と文献にあるが、見分けはしやすい。オオハマボウの花の中央部にある暗紅紫色部分は割と大きく、目立つが、本種の場合は小さくてそう目立たない。葉の形は同じくハート形であるが、本種の方が縦長で、また光沢が強い。
 高さについての記述がどの文献にも無いが、よく見かけるものは3~4mほどのもの。海岸近くの街路樹、公園の植栽樹として多く用いられている。花は明るい黄色で、夕方には桃色に変わる。一日花。開花期は5月から6月。
 なお、ハマボウはその分布の南端が奄美大島となっており、沖縄島には自生がないようである。写真で見る限りでは、オオハマボウによく似ている。
 
 昼の花
 
 夕の花
 
 実

 記:島乃ガジ丸 2007.1.20 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サキシマスオウノキ | トップ | シウンボク »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。