ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

楽じゃない楽しみ

2012年12月21日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 「楽」とは何か?と考えてみた。「楽な仕事だ」といった場合の「楽」は体力的にも精神的にも「易しい」という意味で使われることが多い。「楽して生きたい」といった場合の「楽」は「何の苦労も無く」という意味で使われていると思う。
 今年7月中旬から始めた300坪の畑なっぴばる、一人手作業でやり続けている。鎌での草刈りや、鍬での土を耕す作業は体力的になかなかハードである。夏の間は特にきつくて、家に帰るとぐったりだった。一人手作業での畑仕事は楽では無い。
 「楽したい」と思わぬことも無い。ただ、「楽とは何か?」と考え、働かずとも一杯金があり、毎日たっぷりの自由な時間があり、豪華な家に住み、高級レストランで食事し、海外旅行にも行き放題などが「楽」とすると「それはつまらない」となる。「働かずとも食って行けて、毎日寝そべってテレビを観る」なんてのももちろんつまらない。

  播く予定だった種のほとんどを播き終わって、なっぴばるは今、溜池作りと除草作業が主な仕事。手作業による草刈りは便所(和式)座りして行うので腰が痛い、溜池作りも穴掘りは力仕事だし、縁石や敷石設置作業は同じく便所座りなので腰が痛い。
 溜池作りも除草作業も肉体的に苦しいので、その作業そのものは「楽か苦」かと言えば「苦」になる。ではあるが、刈り取った後の地面を見ると「おー、きれいになったじゃねーか」と自己満足に浸ることができる。溜池作りも出来上がりつつあるのを見て満足するし、完成した時の達成感を想像すれば大きな楽しみとなっている。
 楽しみと言えばもちろん、一番の楽しみは作物の収穫とそれを食べることだが、今育ちつつある作物の成長を見ているのも楽しみだし、畑小屋作りも、台風による試練もあったが、とても楽しかったし、今設計中のトイレ作りもきっと楽しいはず。
          

 「楽しい」とは何か?と考えてみた。「楽しい」の楽と「楽」の楽は同じ字だが、広辞苑を引くと「楽しい」は「満足で愉快な気分である」となっている。一方、「楽」は「心身が安らかでたのしいこと」とあり、その説明文の中にある「たのしい」を言いかえると「心身が安らかで満足で愉快な気分であること」となる。両者ほとんど同じ意味のようだが、「楽しい」には「心身が安らか」という条件はつかないようだ。
  そう、ワクワクしたりドキドキしたりするのは「心が安らか」とは言えないが楽しい場合がある。スポーツなどで身体を動かすことは「身体が安らか」とは言えないが、そのスポーツを好きでやっている分にはとても楽しい。
 私の一番の楽しみである作物の収穫、病害虫の被害も無く、無事作物が育ってくれることを願っているが、農薬を使わないと決めている以上、それは作物の生きる力に頼る他ない。病害虫の不安は大きい。畑仕事で腰に痛みを感じ、腕にも肘にも膝にも少々の痛みを感じ、この先、一人手作業を続けて行って体力が持つかどうかの不安もある。

 それでも全体的に見れば畑仕事は楽しい。楽じゃないけど楽しい。それはたぶん、私に余裕があるからだと思う。畑の芋を掘れば取りあえず食ってはいけるという余裕だ。昔はきっと楽が楽しいことだったに違いない。毎日が厳しい労働で、病気、怪我、飢えなどで死が傍にある。そんな中で得る「楽」は、「楽しみ」に直結したのであろう。
          

 記:2012.12.21 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサゴ | トップ | 明日のココロ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。